女性更年期の生理

 女性更年期情報
女性更年期

女性更年期障害
ストレス

不安感

女性ホルモン低下 

イライラ

 うつ的症状

肩こり

のぼせ

ほてり

めまい

手足のしびれ

集中力の低下

生活習慣

生理

頭痛

動悸

発汗

疲労

不眠 

便秘

改善

診断

食事で予防

予防方法

若年性更年期障害

エストロゲン

吐き気

肥満

無気力

むくみ

寒気
筋肉痛

口臭

耳鳴り

自律神経

情緒不安定
食欲不振

息苦しさ

抜け毛 

頻尿

倦怠感

神経質 

年齢 

ホットフラッシュ 

関節痛

治療

更年期障害の症状 

肌荒れ

唾液の減少
 

更年期の兆候は、まず生理の乱れに現れます

女性更年期障害は、年齢を重ね、女性特有の臓器である卵巣の老化に伴い、卵胞ホルモンともいわれるエストロゲンが減少することで、様々な体の不調や精神的に不安定な状態が続くことをいいます。

一般的には40代後半から50代の方に起こりやすく、ちょうどご自身の
生理が止まって閉経を迎える前後5年間に起こるケースが多いです。
もっとも、個人差があり、全く症状を感じずに生理の終結を迎える方もいますし、閉経した後も特に何事もなく過ごせる人もいます。

一方で、生理が止まった閉経時期の前後10年ほど、体が常にだるくて、何もする気が起こらず、気分も落ち込むなど、10年もの長い間、辛い時間を過ごされる方もいます。

更年期は、生理周期の変化がおこります

それまで、規則正しく起こっていた生理が、最初は短い周期で訪れるようになります。
減少したエストロゲンをもっと分泌しようと、脳下垂体から性腺刺激ホルモンがどんどん分泌されるのが原因です。

人によっては、月に2回も生理がくることがありますが、
生理血そのものの量は少なくなります。
この時期を過ぎると、
生理周期は全く乱れ、間隔が短くなったり長くなったり、生理がダラダラ続いたり、短期間で終わるなどさまざまな変化が起こります。

1年以上生理がなければ、閉経です

そして、やがて生理の周期が長くなっていき、閉経を迎えます。
一般的には
1年以上生理がなければ、閉経と考えられます
生理が乱れはじめたころから現れるのが更年期障害です。

女性の体は思春期の10代に初めての生理を迎えて以来、妊娠に備えて女性ホルモンが活性化していきます。
妊娠が起こらなければ、月に一度、生理となって外に排出され、逆に妊娠すれば一定期間生理が止まります。

生理不順で悩まされる方もいますが、基本的には周期的にこうした流れを繰り返していきます。
そして、個人差がありますが、だいたい40代後半から50代半ばくらいには閉経を迎えることになるのです。
閉経が起こるのは、
女性の生殖機能が年齢とともに老化することに起因します。

閉経により急激に女性ホルモンの量も低下します

老化が進んでいくと、これまで女性らしさや妊娠の準備のために盛んに分泌されていた
女性ホルモンの量も低下していき、閉経により急激に分泌量が減少します。
生理を迎える前後には体調を崩しがちだったり、気分が鬱になる方もいますが、これも
ホルモンバランスが不安定にあることに起因しています。

閉経前後にも急激な女性ホルモン量の減少により、これまでとは大きくホルモンバランスが変化するため、体のだるさや気分の落ち込みといった
女性更年期障害が起きてしまうのです。

ただし、生理がある若い時期も生理痛が重い人とそうでない人がいるように、女性更年期障害についても、全く感じない方、症状が重くて苦しまれる方、個人差があります。

症状を改善し、更年期を明るく乗り切るには、体内でのエストロゲンの分泌を増やすことが重要です。


女性ホルモン(エストロゲン)の分泌を最適にするマカ

更年期やホルモンなどの言葉さえない時代から、マカは古代インカ帝国の女性たち秘伝の健康を保つ植物として愛用されており、数多くの女性ホルモンに関係する効果的な有効成分が含まれています。

マカは、アンデスの山岳地帯4.000m以上の高地の極度に厳しい環境の中で自生する驚くべき生命力をもった自然植物で、その群を抜く栄養価の高さから「アンデス薬草の女王」とも呼ばれている健康食品です。

生理不順が治った・更年期の症状が緩和された・ホルモンバランスが改善された」と言う朗報をもたらしてきているマカサポートDXは、高品質のマカを日本の最新加工技術で世界に例をみない300メッシュという超微粒子にし、タピオカ由来の植物性カプセルに詰めた安全で最高品質のマカです。

現在、更年期障害や女性ホルモン関係の症状でお悩みの数多くの皆様にご愛飲いただいております。ぜひ、一度お試しくださいませ。


 特定商取引法に 基づく表記| |会社概要