女性更年期と口臭

 女性更年期情報
女性更年期

女性更年期障害
ストレス

不安感

女性ホルモン低下 

イライラ

 うつ的症状

肩こり

のぼせ

ほてり

めまい

手足のしびれ

集中力の低下

生活習慣

生理

頭痛

動悸

発汗

疲労

不眠 

便秘

改善

診断

食事で予防

予防方法

若年性更年期障害

エストロゲン

吐き気

肥満

無気力

むくみ

寒気
筋肉痛

口臭

耳鳴り

自律神経

情緒不安定
食欲不振

息苦しさ

抜け毛 

頻尿

倦怠感

神経質 

年齢 

ホットフラッシュ 

関節痛

治療

更年期障害の症状 

肌荒れ

唾液の減少
 
女性更年期になると口臭がきつくなる?


女性更年期は年齢的にいうと45歳から55歳の中高年層に分類され、個人差はあるものの閉経の前後を通じて10年ほどの期間を指しています。

閉経に伴い卵巣が老化し、卵巣から分泌される女性ホルモンのエストロゲンが減少することで、これまでとは大きくホルモンバランスが変化します。
その変化に追い付けずに、口臭などの肉体面や精神面の様々な不調が起こるのが特徴です。

エストロゲンの減少で唾液の
分泌量が低下し口臭がきつくなる

その1つに口臭がきつくなるなど、口臭が気になるという症状もあります。
若いころに比べて、口の中が乾燥したり粘ついたりするようになります。
これは女性更年期を迎えるころには、体の様々な機能も老化することにより、
唾液の分泌量も減るために口臭がきつくなることも起こります。

ドライマウス(口腔乾燥症)と呼ばれる症状であり、唾液の分泌量が減るために口の中が乾燥して、話がしにくくなり、少ししゃべり過ぎるとむせたりします。
また、食べ物が飲み込みにくくなったり、舌や口の中全体がヒリヒリすることもあります。

唾液には浄化作用や殺菌作用がある

唾液には食べ物の咀嚼のための消化酵素が含まれるほか、浄化作用や殺菌作用もあります。

しかし、女性更年期を迎えて唾液の量が不足すると、浄化作用が働きにくくなり、
細菌が繁殖しやすくなって口臭がきつくなるのです。

口臭だけでなく、虫歯ができやすくなったり、歯周病などお口の中のトラブルも起こりやすくなるので注意しなければなりません。
また、唾液というのは緊張が高まったり、
ストレスが溜まると分泌量が減ります。

女性更年期の時期は仕事で重要なポジションについたり、子供の進学や就職などの問題や配偶者や親の病気や介護などでストレスも抱えやすい時期です。

また、女性更年期によるのぼせや火照り、不眠などの様々な症状に悩まされることもストレスとなり、唾液の分泌量が減りがちで口臭の原因ともなります。

このように様々な要因で
唾液の分泌量が減りやすくなるため、口臭がきつくなりやすいのです。

さらには口臭が気になること自体も、エチケットを気にする女性にとってはストレスとなり、口臭が悪化する原因となります。

口臭を改善し、更年期を明るく乗り切るには、体内でのエストロゲンの分泌を増やすことが重要です。


女性ホルモン(エストロゲン)の分泌を最適にするマカ

更年期やホルモンなどの言葉さえない時代から、マカは古代インカ帝国の女性たち秘伝の健康を保つ植物として愛用されており、数多くの女性ホルモンに関係する効果的な有効成分が含まれています。

マカは、アンデスの山岳地帯4.000m以上の高地の極度に厳しい環境の中で自生する驚くべき生命力をもった自然植物で、その群を抜く栄養価の高さから「アンデス薬草の女王」とも呼ばれている健康食品です。

生理不順が治った・更年期の症状が緩和された・口臭や口のヒリヒリ感がなくなった」と言う朗報をもたらしてきているマカサポートDXは、高品質のマカを日本の最新加工技術で世界に例をみない300メッシュという超微粒子にし、タピオカ由来の植物性カプセルに詰めた安全で最高品質のマカです。

現在、更年期障害や女性ホルモン関係の症状でお悩みの数多くの皆様にご愛飲いただいております。ぜひ、一度お試しくださいませ。


 特定商取引法に 基づく表記| |会社概要