女性更年期の動悸

 女性更年期情報
女性更年期

女性更年期障害
ストレス 

不安感

女性ホルモン低下 

ストレス

 うつ的症状

肩こり

のぼせ

ほてり

めまい

手足のしびれ

集中力の低下

生活習慣

生理

頭痛

動悸

発汗

疲労

不眠 

便秘

改善

診断

食事で予防

予防方法

若年性更年期障害

エストロゲン

吐き気

肥満

無気力

むくみ

寒気
筋肉痛

口臭

耳鳴り

自律神経

情緒不安定
食欲不振

息苦しさ

抜け毛 

頻尿

倦怠感

神経質 

年齢 

ホットフラッシュ 

関節痛

治療

更年期障害の症状 

肌荒れ

唾液の減少
 

女性更年期障害で気になる動悸

女性更年期障害では様々な体の不調が起こりますが、動悸を感じやすくなるのもその特徴の1つです。

女性は、40歳前後の更年期を境に体のホルモン環境は変化し、それまで卵巣から分泌されていたエストロゲンやプロゲステロンの量が徐々に減少してくるのです。
これにより、いままで、視床下部→下垂体→卵巣の連携によって行われていたシステムに狂いが生じて動悸を誘発します。
そして、血流の悪化、生活習慣の変化、精神的・身体的ストレスなどが重なり、発生するのが精神神経症状です。
具体的には、
動悸、不眠、憂うつ、不安、イライラ、あせりなどがよく起こりますが、そのほか、気力減退、恐怖感、判断力の低下、興奮しやすいなどといった症状が起こることもあります。

女性更年期の動悸が出やすい閉経前後10年

このような期間は、女性ホルモンを分泌する卵巣の働きが衰えて停止し、
女性ホルモンが欠乏した状態で体が安定するまで続き、この時期を更年期と言います。
具体的には、
閉経を挟んでその前後10年ぐらいの期間を指しています。

動悸というのは急に走ったり、階段を駆け上ったりすると、心臓がドキドキしたり息切れがしたりする症状をいいます。
動悸は太っている方や運動不足の方が急に激しい動きをしたりするとなりやすいほか、加齢に伴い体が老化したり、高齢や無理なダイエット等で体力がなくなると動悸が起こりやすくなります。

女性更年期も動悸がおこりやすい

体の不調でおきる動悸が、女性更年期障害を迎えた女性にも、起こりやすくなるのです。
女性更年期障害とは閉経前後の10年をいい、個人差はありますが、およそ45歳から55歳の年齢層が該当します。
この年代は肥満や老化、運動不足やストレスなど様々な要素が絡み合いますが、
頻繁に動悸が続いたり激しい運動や階段を駆け上ったという事情がないのに動悸を感じるようなら、更年期が影響している動悸と考えることができます。
更年期の動機は、特に激しい動きをしたわけでもないのに、急に心臓がドキドキとしてきたり、息苦しくなります。

動悸はエストロゲンの急激な減少に起因

中には安静に寝ているはずの夜中に、激しい動悸を感じで目が覚める方もおり、そうしたことを繰り返すうちに不安になって不眠になる方もいるほどです。
なぜ、女性更年期障害になると、こうした動悸が起こるのかというと、閉経に伴う
卵巣の老化により、卵巣から分泌される女性ホルモンのエストロゲンが急激に減少してホルモンバランスが崩れることに動悸の要因があります。

思春期の女性の卵巣には、数十万個の卵胞があります。
しかし、40歳前後を境にその数は急激に減少し、50歳になると数千にまで減少するといわれています。
その減少とともに、卵巣の機能も衰えてきます。
それまで卵巣から分泌されていたエストロゲンやプロゲステロンの量が徐々に減少してくるのです。

これだけでも、体のホルモン環境は変化するわけです。さらに卵巣からのホルモン分泌を促すホルモンのほうにも変化が起こります。
卵巣の機能は、脳の視床下部によってコントロールされています
ここからの指令を受けて脳下垂体からは、性腺刺激ホルモンが分泌されています。

ところが、いくら指示を出しても女性ホルモンが卵巣から十分に分泌されないので、どんどん性腺刺激ホルモンが分泌され、さらに
ホルモン環境がアンバランスになっていくおとで動悸も誘発します。

ホルモンバランスが崩れると自律神経が乱れ動悸がおこります。

自律神経には心臓の拍動や呼吸などのコントロールをする働きがありますが、それがうまくいかなくなるため、突然として動悸が起こりやすくなるのです。
もっとも、この年齢層の場合、女性更年期障害の動悸の他にも体力的な不安要素があり、動悸の原因は心臓疾患や悪質な貧血や甲状腺の病気に由来している可能性も否めません。

そのため、自己判断せず、一度は病院で検査を受けるなど、その動悸の原因を突き止めることが大切になります。

更年期の動悸改善し、明るく乗り切るには、体内でのエストロゲンの分泌を増やすことが重要です。


女性ホルモン(エストロゲン)の分泌を最適にするアンデスのマカ

更年期やホルモンなどの言葉さえない時代から、マカは古代インカ帝国の女性たち秘伝の健康を保つ植物として愛用されており、数多くの女性ホルモンに関係する効果的な有効成分が含まれています。

マカは、アンデスの山岳地帯4.000m以上の高地の極度に厳しい環境の中で自生する驚くべき生命力をもった自然植物で、その群を抜く栄養価の高さから「アンデス薬草の女王」とも呼ばれている健康食品です。

生理不順が治った・更年期の症状が緩和された・動悸や息切れがよくなった」と言う朗報をもたらしてきているマカサポートDXは、高品質のマカを日本の最新加工技術で世界に例をみない300メッシュという超微粒子にし、タピオカ由来の植物性カプセルに詰めた安全で最高品質のマカです。

現在、更年期障害や女性ホルモン関係の症状でお悩みの数多くの皆様にご愛飲いただいております。ぜひ、一度お試しくださいませ。

     

 特定商取引法に 基づく表記| |会社概要