ストレスと更年期障害


男性更年期の症状
 ほてり
 むくみ

 寒気

 関節痛

 筋肉痛

 倦怠感

 口臭

  残尿感

 自律神経

 情緒不安定

 食欲不振

 神経質

 前立腺

 息苦しさ

 息切れ

 動悸

 年齢

 LOH症候群

 排尿困難

 勃起不全

 症状チェック

 更年期治療

 更年期予防

 更年期予防の食事

 テストステロン
 ストレス

 イライラ 

 うつ病

 肩こり

 のぼせ 

 めまい 

 手足のしびれ 

 集中力の低下 

 性欲減退

 男性ホルモン 

 頭痛 

 発汗

 疲労感 

 不安感 

 不眠

 便秘 

 更年期障害

 生活習慣病

 更年期障害の改善

 更年期障害の診断

 

ストレスは男性更年障害に拍車をかける

不安や悩み、心配ごと、仕事、プレッシャーなど、人間の体にはストレスや不快を抑制しようとする「防衛機制」があります。
これは、心の安定を保つための働きで、「心の安全装置」とも言えます。
これがうまく働いていれば問題ありませんが、それがストレスにより「許容範囲」を超えたとき、体にシグナルを送ってきます。
それがストレスによる体調の変化であり、自律神経系に乱れが生じ、血液循環を悪化させて、男性更年期障害となって現れるのです。

ストレスによる自律神経失調症に多く見られる、心臓のどきどき、微熱、多汗、頭痛、めまい、疲れ、手足の冷え・しびれ、耳鳴りなど・・・ これは体の異常ではなくストレスによる「神経の緊張状態」ですから、病院でいくら検査しても「異常は見られません」と言われてしまいます。

原因の多くは精神的ストレス、人間関係のストレス、イライラ、さまざまな閉塞感などで、常にストレスにより緊張感がとれず、リラックスできないのが起因してホルモンのバランスがくずれ、その結果、交感神経の働きが優位になり、他方の副交感神経の働きが抑えられてしまうことです。
このストレスに起因するホルモン状況は、男性更年期と共通しています。

男性更年期の男性は、仕事に頑張り昇進や成果を上げるために頑張っている男性や、家庭を持ち家族の生活を支えるために責任がある男で、はストレスが溜まりがちです。

仕事のプレッシャーや責任、職場での上司や同僚との人間関係配偶者や恋人との関係や子供の教育でもストレスが生じます。
ストレスが溜まるとイライラしたり、不眠に悩まされたり、男性脱毛症などになりやすいほか、実は男性更年とも大きく関わりがあります。

男性更年障害がさらにストレスを溜める

男性更年は加齢により、生殖機能を中心に男性らしさを司る機能などが老化し、男性ホルモンの分泌量が減ったり、ホルモンバランスを崩して、心身の不調をきたすものです。

その症状としてはイライラや無気力、不眠や体のだるさ、性欲低下や勃起不全など様々な部分で生じ、これによってさらにストレスを溜める方も少なくありません。
男性更年が老化に起因するというと、中高年男性に多いのかと思いきや、実際には30代、40代の働き盛りの男性など、第一線で活躍する世代でもこうした不調を引き起こす方がいます。

これは、仕事の忙しさなどによって不規則な生活を強いられたり、過剰なストレスが溜まることに影響を受けています。

ストレスはホルモン分泌を低下させ
自律神経の変調を誘発する

ストレスは自律神経の乱れを引き起こし、男性ホルモンの分泌量を低下させたり、ホルモンバランスの乱れを生じさせます。

また、体の抵抗力を弱め、抗酸化力もダウンして体が老化しやすくなります。
社会人になると、同じ年齢でも若く見える方、老けて見える方の差が生じるのは、同じように年齢を重ねていても、ストレスや生活習慣の乱れにより、体の老化が人より先に進行してしまう方があるためです。

このように過剰なストレスを抱え、それに抵抗するための体力や気力が残っていないと、体の老化が進行していき、年齢は若くても男性更年になってしまうことがあるのです。
少しでも改善を目指すなら、ストレスを溜め込まないようにリフレッシュの工夫をしたり、ストレッサーを除去することが求められます。

ストレスと自律神経の関係について

不安や悩み、心配ごと、仕事、プレッシャーから守るため、私たちの体にはそれを抑制しようとする「防衛機制」があります。

これは、心の安定を保つ為のしくみで、精神の安全装置とも言えます。
これがうまく働いていれば問題ありませんが、それが許容範囲を超えたとき、体にシグナルを送ってきます。
それが体調の変化であり、自律神経系に乱れが生じ、血液循環を悪化させて、病気となって現れるのです。

自律神経変調で現れる症状は、身体の異常ではなく神経の緊張状態です。検査しても異常はありませんとなります。
常に緊張感がとれず、リラックスできないのが起因してホルモンのバランスがくずれ、その結果、交感神経の働きが優位になり、他方の副交感神経の働きが抑えられてしまっている状態です。

男性更年期検査では、
遊離型テストステロンが8.5pg/ml未満なら男性ホルモンが低いと判断し、8.5pg/ml以上から11.8pg/ml未満の男性を男性ホルモンが低下傾向にあると判断されストレスが積もる要因ともなります。

現在は、サプリメントを活用し、テストステロンの分泌を増やし、適度な運動をすることで更年期障害を誘発するストレスは予防できます。

東南アジアの熱帯雨林に自生する薬用植物トンカットアリ!
マレーシアでは、精力や更年期そしてインポなどの言葉さえない大昔から、オランアスリ(原住民)によって伝統的に男性のバイタリティーと欲求の増進のために、トンカットアリの根を煎じて飲んでいました。

最近の研究でトンカットアリは、ライディッヒ細胞の機能を回復させて、テストステロンの分泌を再び活発にすることが確認されました。

精力がもどった・男性更年期障害が緩和した・ストレスが溜まらなくなってきた」と言う朗報をもたらしてきているトンカットアリDXはマレーシアで苗木を育て、密林に植林し管理し10年以上育てたものだけを採用した品質の高いトンカットアリの根部分を日本の最新加工技術で微粉末し植物由来のカプセルに詰めた最高品質のサプリメントです。
天然成分のみ、副作用の心配が無い安心の精神面と肉体面の両方で効果があるサプリメントです。ぜひ、お試しくださいませ。



 特定商取引法に 基づく表記| |会社概要