男性更年期の不眠


男性更年期の症状
 ほてり
 むくみ

 寒気

 関節痛

 筋肉痛

 倦怠感

 口臭

  残尿感

 自律神経

 情緒不安定

 食欲不振

 神経質

 前立腺

 息苦しさ

 息切れ

 動悸

 年齢

 排尿困難

 勃起不全

 症状チェック

 更年期治療

 更年期予防

 更年期予防の食事

 テストステロン
 ストレス

 イライラ 

 うつ病

 肩こり

 のぼせ 

 めまい 

 手足のしびれ 

 集中力の低下 

 性欲減退

 男性ホルモン 

 頭痛 

 発汗

 疲労感 

 不安感 

 不眠

 便秘 

 更年期障害

 生活習慣病

 更年期障害の改善

 更年期障害の診断

 

男性更年期になると不眠になるのはなぜ?

不眠症(不眠)で悩んでいる人は多いようです。
寝ても途中に目が覚めてその後眠れない不眠。
朝方早く目がさめてしまう不眠。このような状態が不眠症です。
睡眠時間がたとえ長くても起きた時の状態がまだ眠かったり、
だるさがあるようだと不眠であり、逆に睡眠時間が短くても目覚めが爽快であれば不眠ということにはなりません。


睡眠と不眠に関係する2種類の睡眠。

眠りにつくと、まず始めに現れるのはノンレム睡眠(深い眠り)、次にレム睡眠(浅い眠り)へと移行します。そしてまたノンレム睡眠へと、このサイクルを約90分周期で一晩に4〜5回繰り返されています。
 
ノンレム睡眠は、脳が休憩している状態で、この間は夢をほとんど見ません。しかし、体を支える筋肉は働いています。
逆に、レム睡眠では、身体は眠っているのに脳は起きている状態で目覚めの準備段階でもあり、この
レム睡眠の時に目が覚めるとすっきりと気分よく目覚めることが出来ます。

不眠により脳の機能が低下すると
身体症状や精神症状をおこす


睡眠は、脳にコントロールされており、また脳を休息させますが、不眠の場合、脳を休ませることはできません。
不眠により脳の機能が低下すると体に指令が行かなくなり、バランスが崩れ様々な不眠による身体症状や精神症状がでてきます。
熟睡は、脳の疲れを取り活性化させ、体と心を回復させ、生きる意欲を湧かせますが、不眠はその逆です。

不眠と男性ホルモンの関係

男性ホルモンの減少が更年期の不眠障害を生じさせます
男性更年期の不眠を引き起こす最も大きな要因は、加齢や過剰なストレス、不規則な生活等に伴って起こる男性ホルモンの減少にあります。
男性ホルモンの中でも、男性にしかない生殖機能の
精巣の間細胞から分泌されるテストステロンの減少が不眠に大きく影響しています。
加齢はもちろん、過剰なストレスや睡眠不足等の不規則な生活によっても、抵抗力や若さを保つ抗酸化力が落ち、体は老化してしまうのです。
老化すると精巣も萎縮して、次第にテストステロンの分泌量が減っていき不眠を誘発させます。
テストステロンにはストレスや不眠軽減効果もあり、
テストステロン値が低いと不眠症やうつ病になりやすいといった研究データもあります。

テストステロン値の高い低いが、不眠に大きく影響する

テストステロンには、神経を落ち着かせる働きがあり、眠りを深くする作用があるため、テ
ストステロン値が高ければ、深い眠りと良質な睡眠が得られ、朝の目覚めも爽快になり不眠の心配もありません。
一方で、
テストステロンが減少するにつれて、眠りが浅く、良質な睡眠が妨げられるようになり、不眠を引き起こしたり、朝スッキリ起きられない、寝ても疲れがとれず、朝からだるいといった不眠による倦怠感を引き起こしてしまうのです。

不眠は悪循環の原因で、更年期障害を悪化させます。

不眠は悪循環の引き金となり、いっそうテストステロンの値を下げ、男性更年期の症状を悪化させる原因になります。
男性ホルモンというのは、十分な睡眠をとることで分泌量も盛んとなり、朝から午前中にかけて最も多くなり不眠の場合は分泌量が低下します。
朝だちが起こるのも、これが影響しています。
しかし、不眠に悩まされ眠りが浅くなったり、不眠により眠れないまま朝を迎えると、ホルモンバランスが崩れて朝起ちも起こらず、不眠により勃起障害へとつながる虞もあるのです。
勃起障害はもちろん、不眠になれば気分も上がらず、落ち込みがちになったり、イライラしたり、集中力も低下し、不眠が要因となり仕事に対する意欲も失われていきます。

不眠により、集中力の欠如から仕事のミスを連発するなどして悩みが生じれば、自分はダメな人間だと悶々と考え、夜も眠れなくなり不眠を悪化させてしまいます。
不眠が不眠を呼ぶ悪循環で、いっそう男性更年期の症状が重くなる虞があります。

男性更年期検査では、
遊離型テストステロンが8.5pg/ml未満なら男性ホルモンが低いと判断し、8.5pg/ml以上から11.8pg/ml未満の男性を男性ホルモンが低下傾向にあると判断され、不眠の原因とも考えられるのです。

男性ホルモンであるテストステロンの分泌を増やし、適度な運動をすることで不眠の症状は改善されます。

東南アジアの熱帯雨林に自生する薬用植物トンカットアリ!
マレーシアでは、精力や更年期そしてインポなどの言葉さえない大昔から、オランアスリ(原住民)によって伝統的に男性のバイタリティーと欲求の増進のために、トンカットアリの根を煎じて飲んでいました。

最近の研究でトンカットアリは、ライディッヒ細胞の機能を回復させて、テストステロンの分泌を再び活発にすることが確認されました。

精力がもどった・男性更年期障害が緩和した・ぐっすり眠れるようになった」と言う朗報をもたらしてきているトンカットアリDXはマレーシアで苗木を育て、密林に植林し管理し10年以上育てたものだけを採用した品質の高いトンカットアリの根部分を日本の最新加工技術で微粉末し植物由来のカプセルに詰めた最高品質のサプリメントです。
天然成分のみ、副作用の心配が無い安心の精神面と肉体面の両方で効果があるサプリメントです。ぜひ、お試しくださいませ。






 特定商取引法に 基づく表記| |会社概要