更年期男性の口臭


男性更年期の症状
 ほてり
 むくみ

 寒気

 関節痛

 筋肉痛

 倦怠感

 口臭

  残尿感

 自律神経

 情緒不安定

 食欲不振

 神経質

 前立腺

 息苦しさ

 息切れ

 動悸

 年齢

 排尿困難

 勃起不全

 症状チェック

 更年期治療

 更年期予防

 更年期予防の食事

 テストステロン
 ストレス

 イライラ 

 うつ病

 肩こり

 のぼせ 

 めまい 

 手足のしびれ 

 集中力の低下 

 性欲減退

 男性ホルモン 

 頭痛 

 発汗

 疲労感 

 不安感 

 不眠

 便秘 

 更年期障害

 生活習慣病

 更年期障害の改善

 更年期障害の診断

 
年々強くなる口臭の原因は、男性更年期によるもの

40代から50代に差し掛かった男性は、更年期障害の一つである口臭にも気を付けなければなりません。
女性と同じように、加齢によって男性もホルモンのバランスを崩し、男性更年期を引き起こし症状として口臭も気になりだします。
発症時期が働き盛りの年代と重なることから、口臭や精神面に不調をきたしていたとしても、仕事や家庭でのストレスによるものと考える方も多いようです。
もちろん、ストレスも男性更年期の口臭を発症する大きな要因のひとつですが、心身共に健康に過ごすためには、しっかりと知っておく必要があるでしょう。

男性更年期の口臭と自律神経の失調との関係

男性更年期の症状には、身体の火照りや動悸、頭痛、息切れ、筋痛、頻尿、性欲の低下、不眠、倦怠感、無気力、気分の落ち込みなどが挙げられます。
身体にも精神面にも影響を及ぼすことが分かりますが、口臭の症状も自律神経の失調が大きく関わってきます。

自律神経のバランスが崩れ、自律神経失調症に陥ることで、身体や心に不快な症状をおこしますが、口臭もその中の一つです。
更年期と呼ばれる年代に入った頃から、口臭が気になり始めたという男性は少なくありません。
口臭は、いわゆる加齢臭と混合されることもありますが、口臭も更年期のひとつに数えられます。

口臭は、唾液腺のコントロールが不調で
細菌が発生することが原因

自律神経は、身体のあらゆる面をコントロールする役割を果たしていますから、自律神経に異常が起こると、身体の器官や機能にも影響を及ぼし口臭にも関係してしまいます。
きちんと歯磨きをしているにも関わらず、口臭がすると感じるならば、口腔内に細菌が発生しているのが口臭の原因です。

口臭の原因については、口腔内の細菌は、普通は唾液によって洗浄、殺菌されていますが、唾液の分泌を行なう唾液腺のコントロールを受け持っている自律神経が正常に働いていないため、唾液が充分に分泌されず、口臭の原因となる揮発性ガスを抑制することが難しくなります。

緊張したり、ストレスを感じたりした際に、口臭を強く感じた経験を持つ方もいらっしゃるでしょう。
男性更年期の口臭の原因は、まさにその状態がずっと続いているということです。
唾液の減少は口臭だけでなく、虫歯や歯周病の原因にもなりますから、たかが口臭と軽視せず、専門医の指示を仰ぐことも考えてみると良いでしょう。

男性更年期検査では、
遊離型テストステロンが8.5pg/ml未満なら男性ホルモンが低いと判断し、8.5pg/ml以上から11.8pg/ml未満の男性を男性ホルモンが低下傾向にあると判断され口臭も気になってまいります。

口臭を改善するには、適度な運動と共に、男性ホルモンであるテストステロンの分泌を高めることがなによりも重要です。

東南アジアの熱帯雨林に自生する薬用植物トンカットアリ!
マレーシアでは、精力や更年期そしてインポなどの言葉さえない大昔から、オランアスリ(原住民)によって伝統的に男性のバイタリティーと欲求の増進のために、トンカットアリの根を煎じて飲んでいました。

最近の研究でトンカットアリは、ライディッヒ細胞の機能を回復させて、テストステロンの分泌を再び活発にすることが確認されました。

精力がもどった・男性更年期障害が緩和した・口の臭いがしなくなった」と言う朗報をもたらしてきているトンカットアリDXはマレーシアで苗木を育て、密林に植林し管理し10年以上育てたものだけを採用した品質の高いトンカットアリの根部分を日本の最新加工技術で微粉末し植物由来のカプセルに詰めた最高品質のサプリメントです。
天然成分のみ、副作用の心配が無い安心の精神面と肉体面の両方で効果があるサプリメントです。ぜひ、お試しくださいませ。






 特定商取引法に 基づく表記| |会社概要