神経質になったと感じたら


男性更年期の症状
 ほてり
 むくみ

 寒気

 関節痛

 筋肉痛

 倦怠感

 口臭

  残尿感

 自律神経

 情緒不安定

 食欲不振

 神経質

 前立腺

 息苦しさ

 息切れ

 動悸

 年齢

 LOH症候群

 排尿困難

 勃起不全

 症状チェック

 更年期治療

 更年期予防

 更年期予防の食事

 テストステロン
 ストレス

 イライラ 

 うつ病

 肩こり

 のぼせ 

 めまい 

 手足のしびれ 

 集中力の低下 

 性欲減退

 男性ホルモン 

 頭痛 

 発汗

 疲労感 

 不安感 

 不眠

 便秘 

 更年期障害

 生活習慣病

 更年期障害の改善

 更年期障害の診断

 
以前より神経質になったと感じたら
男性更年期が原因の神経質かもしれません


もともと神経質な性格だった方が、30代後半を過ぎたあたりから、いっそう神経質になったり、これまで神経質ではなかった方が、急に神経質になるのは、男性ホルモンの低下によるものかもしれません。

男性における男性ホルモンの分泌低下は30歳頃よりはじまり、60歳では40歳に比べ25%の低下がありますが、比較的個人差があり、女性の閉経に相当する肉体的な変化も見られません。
そのため男性ホルモンが年齢とともに低下することからPADAMとよばれ、男性更年期の意味で使われ神経質になるのもこれが要因の場合も多いのです。

男性更年期障害である神経質は、男性ホルモン(テストステロン)の減少が引き金になっていると考えられます。
神経過敏になったり、周囲から不安感が強まったりだっている等と指摘を受けた場合、神経質の原因として、男性更年期による神経質の症状の可能性があります。

男性ホルモンが低下すると、
更年期障害の神経質な症状が出てきます

男性更年期になると、体が老化していくに伴い、男性ホルモンの分泌量も減って、若くエネルギッシュだった体や心が、異常をきたす神経質な症状が出てきます。
男性ホルモンの分泌量は、成長期を終えて心身ともに最も元気がみなぎる20歳頃をピークに次第に減少していきます。
減少のスピードや程度には個人差があるものの、早い人では30代後半頃から、急激にホルモンバランスが崩れて、男性更年期の神経質な症状を訴えるようになるのです。

不安感が強まり、情緒が不安定になり神経質にもなります

その1つの症状にやたらと神経が過敏になったり、ちょっとのことで不安を感じたり、気にしたりという神経質になることが挙げられます。
毎日ピリピリと神経をとがらせたり、少しのことでイライラしがちです。
神経質といっても性格が細かくなるというよりは、不安感が強まったり、情緒が不安定となり神経過敏(神経質)になり、些細なことでも他人を怒鳴ったり、物を投げるなど物に当たることも多くなります。
一方で、男性更年期からくる神経質で不安が募り過ぎて気分が落ち込んだり、ふさぎ込むなどし、状態が悪化すると、会社に行きたくない、人と会いたくないと引きこもってしまうことさえあるのです。

このように、神経質は精神的にはうつ症状や不眠、体力的には筋力の衰えや体のだるさ、身体的にはほてりや冷え、関節や筋肉の痛みそして発汗などの症状も伴うことが珍しくありません。

神経質からくる不安感は、仕事からプライベートまで様々な部分に生じて、ちょっと仕事をミスしただけでも、リストラされるかもと恐れたり、家庭円満だったはずが、配偶者の浮気を疑ったり、わずかな他人の言動で心が動かされたり、疑い深くなります。
このように常に他人に対して神経をとがらせているので、ストレスも溜まり、いっそう神経質な気分の苛立つ悪循環へと陥ってしまいます。
このような神経質な事態が起きるのは、男性ホルモンにはリラックスを働きかける作用もあるためです。
男性ホルモンが減少してしまうため、心身をリラックスさせる働きが減退し、神経質になりやすくなるのです。

女性の閉経前後の10年間は、急激に女性ホルモンの分泌量が減少することによって心身にさまざまなトラブルが現れてきます。
これに対して男性には閉経という区切りがないものの、加齢によって男性ホルモン(テストステロン)の分泌量は徐々に減少。特に40~50歳代には社会的責任が重くなることが多く、ストレスが増大するなど外的な要因も加わって、さらにホルモンのバランスがくずれて心身の不調につながると考えられています。

男性更年期障害の症状である神経質や不安感は、男性ホルモン(テストステロン)の分泌低下によるものと考えることができます。

男性更年期検査では、遊離型テストステロンが8.5pg/ml未満なら男性ホルモンが低いと判断し、8.5pg/ml以上から11.8pg/ml未満の男性を男性ホルモンが低下傾向にあると判断され神経質になる要因となります。

神経質を改善するには、適度な運動と共に、男性ホルモンであるテストステロンの分泌を高めることがなによりも重要です。

東南アジアの熱帯雨林に自生する薬用植物トンカットアリ!
マレーシアでは、精力や更年期そしてインポなどの言葉さえない大昔から、オランアスリ(原住民)によって伝統的に男性のバイタリティーと欲求の増進のために、トンカットアリの根を煎じて飲んでいました。

最近の研究でトンカットアリは、ライディッヒ細胞の機能を回復させて、テストステロンの分泌を再び活発にすることが確認されました。

精力がもどった・男性更年期障害が緩和した・くよくよ考えないようになってきた」と言う朗報をもたらしてきているトンカットアリDXはマレーシアで苗木を育て、密林に植林し管理し10年以上育てたものだけを採用した品質の高いトンカットアリの根部分を日本の最新加工技術で微粉末し植物由来のカプセルに詰めた最高品質のサプリメントです。
天然成分のみ、副作用の心配が無い安心の精神面と肉体面の両方で効果があるサプリメントです。ぜひ、お試しくださいませ。




 特定商取引法に 基づく表記| |会社概要