男性更年期の関節が痛い


男性更年期の症状
 ほてり
 むくみ

 寒気

 関節痛

 筋肉痛

 倦怠感

 口臭

  残尿感

 自律神経

 情緒不安定

 食欲不振

 神経質

 前立腺

 息苦しさ

 息切れ

 動悸

 年齢

 排尿困難

 勃起不全

 症状チェック

 更年期治療

 更年期予防

 更年期予防の食事

 テストステロン
 ストレス

 イライラ 

 うつ病

 肩こり

 のぼせ 

 めまい 

 手足のしびれ 

 集中力の低下 

 性欲減退

 男性ホルモン 

 頭痛 

 発汗

 疲労感 

 不安感 

 不眠

 便秘 

 更年期障害

 生活習慣病

 更年期障害の改善

 更年期障害の診断

 
男性更年期で関節が痛いのは

男性更年期を迎えると、手足や体の節々の関節が痛いと感じることがあります。
これは何が影響しているかというと、男性ホルモンの減少が大きな原因です。
そもそも、男性更年期とは老化に伴い、男性ホルモンの分泌量が減少することで、これまでのホルモンバランスが崩れ、男性ホルモンの働きが弱くなって心身の様々な不調をもたらしますが、関節が痛いのもその1つです。

関節が痛いのは、更年期の障害の症状の1つです。

その不調の1つとして、関節が痛いという症状が現れることがあります。
関節痛とは私達の体を動かす要「関節」におこる痛みです。
たとえば、熱があるとき、からだの節々が痛む。風邪を引いた時に現われる関節の痛みを関節痛といいます。
関節は、スムーズに動くために構造上、様々な工夫がなされています。

その一つが骨と骨の間にある関節軟骨です。
関節を動かした時の痛みの原因はここにあるのです。
関節軟骨には血管や神経は通っていません。
体の組織を形作る栄養は血管を通して送られますから、関節軟骨は修復や再生がほとんどされないとても弱い器官だということがいえます。そのため関節軟骨には老化の影響が大きく出て関節が痛い症状がでてきます。

年をとるにつれて関節軟骨は大きく変化していくのです。
長年に渡って関節が使われ、骨がぶつかり合うことで軟骨がすりへっていく、いわばガタが来てしまうので関節痛が出てきます。

骨格の形成や筋肉の増強などに関係する男性ホルモンの低下

更年期になるとなぜ、関節痛が発生するかといえば、骨格の形成や筋肉の増強など、男性らしい体を作る働きをしている男性ホルモンの分泌量が減少するからです。

男性ホルモンは男性らしさが大成する成人を迎える20歳をピークに、加齢とともに次第に減少していきます。
生殖機能の衰えはもちろんのこと、骨の強さや筋肉量にも影響を与え、骨がもろくなったり、筋肉量が減少して筋力が衰え、身体能力も低下していくのです。
関節というのは、骨と骨をつなぐ役割をしており、筋肉に包まれて支えられています。

骨や筋肉の量が減少し脆弱化して関節痛がおきる

骨がもろくなれば、直接こすり合って関節が痛いと感じるようになり、筋肉に守られる割合が減れば、やはり関節が痛いと感じやすくなります。
つまり、男性更年期で直接、関節が痛いと感じるのは、男性ホルモンの減少が骨や筋肉の量を減らしたり脆弱化させ、結果としてその間を支えている関節に大きな負担がかかり、関節が炎症をおこし痛みを発生させているからです。
よくある症状としては、手足の関節が痛いということですが、次第に背中全体に痛みを感じるようになります。

また、関節が痛いために長時間イスに座ったりずっと立っていたりと、同じ姿勢を続けることが辛く難しくなっていきます。
また長時間歩くと膝や腰の関節が痛いと感じるようになるため、自然に歩くのが不快にあって車での移動やエスカレーターやエレベーターを使う機会も増えていきます。

もちろん、痛みが強い時に無理をするのは禁物ですが、関節をかばうがために運動量が減り、一層筋力が衰えるという悪循環をもたらすことがあります。

男性更年期検査では、
遊離型テストステロンが8.5pg/ml未満なら男性ホルモンが低いと判断し、8.5pg/ml以上から11.8pg/ml未満の男性を男性ホルモンが低下傾向にあると判断され関節が痛くなる要因にもなります。

関節痛の改善には、適度の運動とタンパク質やカルシュウムを意識して摂取すると共に、男性ホルモンであるテストステロンの分泌を増やすことが重要です。

東南アジアの熱帯雨林に自生する薬用植物トンカットアリ!
マレーシアでは、精力や更年期そしてインポなどの言葉さえない大昔から、オランアスリ(原住民)によって伝統的に男性のバイタリティーと欲求の増進のために、トンカットアリの根を煎じて飲んでいました。

最近の研究でトンカットアリは、ライディッヒ細胞の機能を回復させて、テストステロンの分泌を再び活発にすることが確認されました。

精力がもどった・男性更年期障害が緩和した・関節や筋肉の痛みが緩和してきた」と言う朗報をもたらしてきているトンカットアリDXはマレーシアで苗木を育て、密林に植林し管理し10年以上育てたものだけを採用した品質の高いトンカットアリの根部分を日本の最新加工技術で微粉末し植物由来のカプセルに詰めた最高品質のサプリメントです。
天然成分のみ、副作用の心配が無い安心の精神面と肉体面の両方で効果があるサプリメントです。ぜひ、お試しくださいませ。





 特定商取引法に 基づく表記| |会社概要