テストステロンの低下


男性更年期の症状
 ほてり
 むくみ

 寒気

 関節痛

 筋肉痛

 倦怠感

 口臭

  残尿感

 自律神経

 情緒不安定

 食欲不振

 神経質

 前立腺

 息苦しさ

 息切れ

 動悸

 年齢

 LOH症候群

 排尿困難

 勃起不全

 症状チェック

 更年期治療

 更年期予防

 更年期予防の食事

 テストステロン
 ストレス

 イライラ 

 うつ病

 肩こり

 のぼせ 

 めまい 

 手足のしびれ 

 集中力の低下 

 性欲減退

 男性ホルモン 

 頭痛 

 発汗

 疲労感 

 不安感 

 不眠

 便秘 

 更年期障害

 生活習慣病

 更年期障害の改善

 更年期障害の診断

 

男性ホルモン「テストステロン」の
低下が招く更年期障害

更年期障害の主な原因は男性ホルモン(テストステロン)量の減少です。
男性機能をつかさどり、男性の元気を維持している男性ホルモン「テストステロン」が低下すると、男性機能をはじめ泌尿器系の不調や、自律神経にも異常を来たし、心身全体の不調を感じるようになります。

テストステロンの低下による障害の症状

テストステロンの低下による主な不調としては、イライラや気力ややる気の低下、何事も楽しめなくなるなど精神的な症状や、不眠や便秘といった自律神経系からもたらされるトラブル、男性機能の低下による性欲低下や早漏、中折れ、勃起不全などを引き起こします。

男性ホルモンは実は1種類ではなく、男性ホルモン「テストステロン」、デヒドロエピアンドロステロン、ジヒドロテストステロンがお互いをサポートし合いながら存在しています。

中でも、更年期障害に大きく影響するのが男性ホルモン「テストステロン」で、これが低下すると低テストステロン血症を引き起こし、更年期障害による様々な不調が生じるのです。

男性ホルモン「テストステロン」は男性ホルモンの中でも最も強力なホルモンであり、男性にしかない生殖機能である精巣の間細胞から分泌されています。
テストステロンは、生殖機能から男性らしい体造りには欠かせないホルモンであり、このテストステロン低下は男性力を弱めて、性欲的かや勃起不全などをもたらすのです。

精巣が老化により萎縮し、
テストステロンの分泌量が低下

30代から60代の男性に見られる更年期障害の人をみると、精巣が老化によって萎縮し、男性ホルモン「テストステロン」の分泌量が低下しているのが確認されます。
もっとも、男性ホルモン「テストステロン」の分泌は、精巣の独自の働きによってだけ行われているのではありません。

男性ホルモンの分泌量は大脳皮質や肝臓のフィードバックによって調節され、3つのホルモンのバランスが図られています。
ですが、仕事や人間関係、家庭などのストレスが加わったり、オーバーワークで疲労がたまると自律神経が乱れて、脳の働きにも支障を来し、分泌量が低下したり、ホルモン量のバランスが崩れてしまい、更年期障害のテストステロン低下の原因となるのです。

テストステロンの低下は、蓄積疲労やストレスが続くことも要因の1つです

その他、蓄積疲労や 強いストレスが長時間続くと、脳のほうから精巣に男性ホルモンを出す指令が出なくなり、テストステロンが減り男性更年期障害を誘発させます。

また、テストステロンを計測してみると、朝は高くて夕方になるほど低くなるようです。そして、テストステロンは寝ている間に回復すので、睡眠障害や不眠症があると充分な回復できないことになります。

現在は、サプリメントを活用し、テストステロンの分泌を増やし、適度な運動をすることで更年期障害は予防できます。

東南アジアの熱帯雨林に自生する薬用植物トンカットアリ!
マレーシアでは、精力や更年期そしてインポなどの言葉さえない大昔から、オランアスリ(原住民)によって伝統的に男性のバイタリティーと欲求の増進のために、トンカットアリの根を煎じて飲んでいました。

最近の研究でトンカットアリは、ライディッヒ細胞の機能を回復させて、テストステロンの分泌を再び活発にすることが確認されました。

精力がもどった・男性更年期障害が緩和した・テストステロン値が増えた」と言う朗報をもたらしてきているトンカットアリDXはマレーシアで苗木を育て、密林に植林し管理し10年以上育てたものだけを採用した品質の高いトンカットアリの根部分を日本の最新加工技術で微粉末し植物由来のカプセルに詰めた最高品質のサプリメントです。
天然成分のみ、副作用の心配が無い安心の精神面と肉体面の両方で効果があるサプリメントです。ぜひ、お試しくださいませ。




 特定商取引法に 基づく表記| |会社概要