男性更年期の治療方法


男性更年期の症状
 ほてり
 むくみ

 寒気

 関節痛

 筋肉痛

 倦怠感

 口臭

  残尿感

 自律神経

 情緒不安定

 食欲不振

 神経質

 前立腺

 息苦しさ

 息切れ

 動悸

 年齢

 LOH症候群

 排尿困難

 勃起不全

 症状チェック

 更年期治療

 更年期予防

 更年期予防の食事

 テストステロン
 ストレス

 イライラ 

 うつ病

 肩こり

 のぼせ 

 めまい 

 手足のしびれ 

 集中力の低下 

 性欲減退

 男性ホルモン 

 頭痛 

 発汗

 疲労感 

 不安感 

 不眠

 便秘 

 更年期障害

 生活習慣病

 更年期障害の改善

 更年期障害の診断

 
男性更年期障害を改善する治療法とは?

男性更年期障害は加齢に伴い体の老化が原因で、疲れやすさや動機、息切れ、無気力や性欲減退などの症状を引き起こすもので、治療が必要な場合もあります。

特に生殖機能の老化が大きく影響しており、精巣などの萎縮によって男性ホルモンが減少することで、男らしさを失って性欲の低下や勃起不全などがもたらされることがあり治療も考えなければなりません。

男性ホルモンにはテストステロン、デヒドロエピアンドロステロン、ジヒドロテストステロンの3種類がありますが、中でも一番影響を与えるのは精巣の間細胞から分泌されるテストステロンです。
テストステロンの量が大きく減少すると、男性更年期障害を引き起こしやすくなり治療が必要になります。

治療の前には、血中のテストステロン値を検査します

テストステロンの量や低下の度合いを調べて男性更年期障害と診断された場合、治療法としては、ホルモン補充療法が代表的です。
事前検査で前立腺に異常がない場合に採用される治療法の1つで、月に1回の割合で定期的に通院し、注射によってホルモンを補充する治療をします。

注射薬はにはテストステロン・エナント酸エステルという人工の男性ホルモンが用いられ、極めて強力な成分である分、高い治療効果が期待できます。
また、同じく治療薬としてテストステロンに類似した働きを人口的に作り出した、グローミンなどの男性ホルモン軟膏を用いる治療の方法もあります。

また、男性更年期障害の中でも特に勃起不全や中折れなどの兆候が強く見られ、パートナーとの生活クオリティーの改善を強く望む場合には治療が必要で、併せてED治療が行われることもあります。
この場合にはバイアグラやレビトラ、シアリスといったPDE5阻害薬が治療薬として処方されます。

PDE5阻害薬は勃起の促進だけでなく、朝勃起の回復を目指せることから気分的にも楽になり、男性更年期障害に見られる鬱的な症状の治療や緩和に役立ちます。
また、PDE5阻害薬による治療により、血清テストステロンが上昇するというデータもあり、勃起障害を含めた更年期全体の症状の治療と緩和にも有効です。
まずは、診断を受けて体や症状に合った治療法を検討してもらいましょう。

男性更年期検査では、遊離型テストステロンが8.5pg/ml未満なら男性ホルモンが低いと判断し、8.5pg/ml以上から11.8pg/ml未満の男性を男性ホルモンが低下傾向にあると判断され治療も考えなくてはなりません。

治療の他、意識してタンパク質を摂取し、適度な運動やウエイトトレーニングをすることと、サプリメントや食事で男性ホルモンであるテストステロンの分泌を高めることが大切です。

東南アジアの熱帯雨林に自生する薬用植物トンカットアリ!
マレーシアでは、精力や更年期そしてインポなどの言葉さえない大昔から、オランアスリ(原住民)によって伝統的に男性のバイタリティーと欲求の増進のために、トンカットアリの根を煎じて飲んでいました。

最近の研究でトンカットアリは、ライディッヒ細胞の機能を回復させて、テストステロンの分泌を再び活発にすることが確認されました。

精力がもどった・男性更年期障害が緩和した・不安やイライラがなくなった」と言う朗報をもたらしてきているトンカットアリDXはマレーシアで苗木を育て、密林に植林し管理し10年以上育てたものだけを採用した品質の高いトンカットアリの根部分を日本の最新加工技術で微粉末し植物由来のカプセルに詰めた最高品質のサプリメントです。
天然成分のみ、副作用の心配が無い安心の精神面と肉体面の両方で効果があるサプリメントです。ぜひ、お試しくださいませ。







 特定商取引法に 基づく表記| |会社概要