男性更年期障害(LOH症候群)


男性更年期の症状
 ほてり
 むくみ

 寒気

 関節痛

 筋肉痛

 倦怠感

 口臭

  残尿感

 自律神経

 情緒不安定

 食欲不振

 神経質

 前立腺

 息苦しさ

 息切れ

 動悸

 年齢

 LOH症候群

 排尿困難

 勃起不全

 症状チェック

 更年期治療

 更年期予防

 更年期予防の食事

 テストステロン
 ストレス

 イライラ 

 うつ病

 肩こり

 のぼせ 

 めまい 

 手足のしびれ 

 集中力の低下 

 性欲減退

 男性ホルモン 

 頭痛 

 発汗

 疲労感 

 不安感 

 不眠

 便秘 

 更年期障害

 生活習慣病

 更年期障害の改善

 更年期障害の診断

 
その不調や症状は、男性更年期障害かもしれない

更年期障害というと、中年女性を中心に見られるイライラやのぼせ、気力の低下などの不定愁訴をイメージされる方がほとんどのはずです。
ですが、実は男性にも男性更年期障害という症状が起こり得ます。
病院などで検査してもらっても「異常はない」と診断されます。

神経質でまじめ、責任感が強く、几帳面またはせっかちな人は男性更年期障害を発症しやすいようです。

男性更年期障害の場合は、
原因は男性ホルモン量の低下です

更年期障害の仕組みや障害の症状は女性の場合とほぼ同じで、加齢によるホルモン量の低下と、日ごろの生活習慣やストレスなどが相まって更年期障害の症状をもたらします。
女性の更年期障害が閉経後の女性ホルモン量の低下が原因であるのに対して、
男性更年期障害の場合は男性ホルモン量の低下が更年期障害の原因です。

更年期障害に関しては、男性の場合は閉経という生殖機能が停止する仕組みはなく、高齢になっても生殖機能は生きています。
男性における男性ホルモンの分泌低下は30歳頃よりはじまり、60歳では40歳に比べ25%の低下がありますが、比較的個人差があり、女性の閉経に相当する更年期の肉体的な変化も見られません。

そのため男性ホルモンが年齢とともに低下することからPADAMとよばれ、男性更年期の意味で使われます。
ですが、
男性更年期障害の場合、早い人では30代でも症状が見られ、働き盛りの40代から50代、60代に至るまで、幅広い年齢層で起きうるのも男性更年期障害の特徴です。

男性の更年期障害は、加齢やストレスによる
ホルモンバランスのみだれから


男性更年期障害の主な原因は、
加齢による男性ホルモン量の減少と、ストレスや生活習慣等によりホルモンバランスが乱れることが原因です。
若くして男性更年期障害に悩まされる方の多くは、後者のストレスや生活習慣の乱れを主な更年期障害の原因としています。
仕事の頑張り過ぎやオーバーワーク、仕事のプレッシャーや職場関係、夫婦関係、子育て等のストレスが原因で、ホルモンバランスの乱れが生じることがあります。
一方、脂肪分の多い食事やアルコールやタバコの飲み過ぎなど生活習慣の乱れや、それに伴う高血圧症や糖尿病などの生活習慣病も、ホルモンバランスの乱れや生殖機能の低下などをもたらすことがあります。
そのため、更年期障害は中高年男性だけでなく、まだ若い30代でも生じることがあるのです。
男性の場合、20代で社会に出ると、仕事の忙しさや付き合いなどで、生活習慣が乱れ、食生活の乱れや寝不足、運動不足などを引き起こしがちです。

更年期に入ると自律神経の乱れで、
男性ホルモンの分泌や調整ができない

こうした原因が重なり合って、自律神経の乱れを生じさせると、脳の指令を伝える自律神経がうまく働かなくなり、男性ホルモンの分泌や調整の指令が乱れ、ホルモンバランスの崩れをもたらすのです。
男性ホルモンであるテストステロンを測ってみると、朝に高くて夕方に低くなる傾向があります。
それなら、いったいテストステロンはいつ回復するかということが重要になりますが、テストステロンは寝ている間に回復すのです。
つまり夜中に回復するので、睡眠障害があると回復できないということになります。

男性自身が感じる更年期障害の症状としては、

●総合的に調子が悪い ●関節筋肉の痛み ●ひどい発汗 
眠れない悩み ●疲れを感じる ●イライラする ●神経質になった●不安感 ●行動力の減退 ●筋力の低下 ●憂うつな気分 ●倦怠感めまい ●肩こり ●ヒゲの伸びが遅くなった ●のぼせ ●動悸
頭痛 ●集中力の低下 ●性欲減退 ●むくみ ●寒気 ●口臭
残尿感 ●情緒不安定 ●食欲不振 ●息苦しい ●排尿 ●勃起不全 前立腺 ●自律神経の変調 ●早朝起きの回数の減少 

などが更年期障害の症状です。

男性更年期検査では、
遊離型テストステロンが8.5pg/ml未満なら男性ホルモンが低いと判断し、8.5pg/ml以上から11.8pg/ml未満の男性を男性ホルモンが低下傾向にあると判断され、男性更年期障害を注意しなければなりません。

男性ホルモンであるテストステロンの分泌を増やし、適度な運動をすることで更年期障害の症状は改善されます。







 特定商取引法に 基づく表記| |会社概要