男性更年期の筋肉痛


男性更年期の症状
 ほてり
 むくみ

 寒気

 関節痛

 筋肉痛

 倦怠感

 口臭

  残尿感

 自律神経

 情緒不安定

 食欲不振

 神経質

 前立腺

 息苦しさ

 息切れ

 動悸

 年齢

 排尿困難

 勃起不全

 症状チェック

 更年期治療

 更年期予防

 更年期予防の食事

 テストステロン
 ストレス

 イライラ 

 うつ病

 肩こり

 のぼせ 

 めまい 

 手足のしびれ 

 集中力の低下 

 性欲減退

 男性ホルモン 

 頭痛 

 発汗

 疲労感 

 不安感 

 不眠

 便秘 

 更年期障害

 生活習慣病

 更年期障害の改善

 更年期障害の診断

 
男性更年期になるとなぜ筋肉の痛みが生じるのか?

男性更年期障害とは、加齢等が引き金となって、男性ホルモンの分泌量が減ることで引き起こされる心身の様々な不調をいいます。
その中でも、男性更年期になると、筋肉の痛み(筋肉痛)を感じる方がいます。

男性ホルモンの分泌量の減少で筋肉が弱体化

我々の体には性別を問わず、男性ホルモンと女性ホルモンが存在していますが、男性はもちろん男性ホルモンが優位な状態にあります。
保健体育の教科書でも習ったように、女性ホルモンは丸みのある女性らしい体を作る働きをするのに対して、男性ホルモンは筋張った男性らしい体を作る働きがあります。

生殖機能はもちろんとして、男性らしい体には女性に比べて骨格がたくましく、筋肉量が多いという特徴がみられます。
つまり、男性ホルモンは骨格や筋肉の形成にさようし、男性らしい筋肉隆々とした体を作りあげていくのです。
しかし、男性更年期を迎えて男性ホルモンの分泌量が減少すれば、この働きも自ずと弱くなっていきます。

筋肉痛は、年齢を重ね、高齢になるにつれ筋力が衰え、身体機能が低下していきますが、男性ホルモンの減少はその元となる筋肉そのものの減少や弱体化をもたらすため、筋肉の痛みを感じやすくなるのです。

しかも、それは70代、80代の高齢を前に、30代半ばくらいから60代にかけての若い時期にも次第に筋肉痛は深刻化していきます。

男性更年期によって筋肉量が落ちると、高齢者でもないのに最悪の場合、歩くのも困難な方が出てきます。
筋肉の痛みや衰えで歩くのが難しいとまではいかなくても、階段を上るのがきついと感じたり、ついつい歩くのが億劫になり、近距離でも車やバスに頼ってしまいがちになります。
ちょっとした運動で息切れするといった症状も、筋肉の量が減少している証拠です。

筋肉の痛みを単に運動不足や歳のせいだけにしていると、男性更年期のサインを見逃してしまい、適切な対応もできなくなります。
筋肉痛は、歳だからと思えば、筋肉の痛みは放置されがちですし、運動が足りないと思えば、筋肉の痛みを単なる筋肉痛と放置してしまう危険性があります。

男性更年期検査では、
遊離型テストステロンが8.5pg/ml未満なら男性ホルモンが低いと判断し、8.5pg/ml以上から11.8pg/ml未満の男性を男性ホルモンが低下傾向にあると判断され筋肉低下の要因となります

筋肉痛の改善には、出来るだけタンパク質を摂取し、適度な運動やウエイトトレーニングをし、男性ホルモンであるテストステロンの分泌を高めましょう。

東南アジアの熱帯雨林に自生する薬用植物トンカットアリ!
マレーシアでは、精力や更年期そしてインポなどの言葉さえない大昔から、オランアスリ(原住民)によって伝統的に男性のバイタリティーと欲求の増進のために、トンカットアリの根を煎じて飲んでいました。

最近の研究でトンカットアリは、ライディッヒ細胞の機能を回復させて、テストステロンの分泌を再び活発にすることが確認されました。

精力がもどった・男性更年期障害が緩和した・筋肉痛や関節の痛みが出なくなった」と言う朗報をもたらしてきているトンカットアリDXはマレーシアで苗木を育て、密林に植林し管理し10年以上育てたものだけを採用した品質の高いトンカットアリの根部分を日本の最新加工技術で微粉末し植物由来のカプセルに詰めた最高品質のサプリメントです。
天然成分のみ、副作用の心配が無い安心の精神面と肉体面の両方で効果があるサプリメントです。ぜひ、お試しくださいませ。



 特定商取引法に 基づく表記| |会社概要