男性の自律神経の乱れ


男性更年期の症状
 ほてり
 むくみ

 寒気

 関節痛

 筋肉痛

 倦怠感

 口臭

  残尿感

 自律神経

 情緒不安定

 食欲不振

 神経質

 前立腺

 息苦しさ

 息切れ

 動悸

 年齢

 排尿困難

 勃起不全

 症状チェック

 更年期治療

 更年期予防

 更年期予防の食事

 テストステロン
 ストレス

 イライラ 

 うつ病

 肩こり

 のぼせ 

 めまい 

 手足のしびれ 

 集中力の低下 

 性欲減退

 男性ホルモン 

 頭痛 

 発汗

 疲労感 

 不安感 

 不眠

 便秘 

 更年期障害

 生活習慣病

 更年期障害の改善

 更年期障害の診断

 
男性は自律神経の乱れを通じて
心身の不調を引き起こす

男性更年期は30代後半から60代の男性に多くみられる症状で、男性ホルモンの減少やホルモンバランスの乱れが大きな原因です。
男性ホルモンは男性らしさや生殖能力をはじめ、自律神経や体の様々な部分で作用しています。
自律神経の変調の要因となる男性ホルモンの分泌量は、男性の体が作られる成長期を終えた20歳のころをピークに、次第に減少していきます。
加齢に伴う身体の老化とともに、男性ホルモンの量が徐々に減っていくほか、現代社会では様々なストレスや生活習慣の乱れにより、ホルモンバランスを崩しやすく、体の老化を加速させ自律神経を乱してしまうこともあるのです。

自律神経には交感神経と副交感神経がある

自律神経には交感神経と副交感神経があり、仕事に集中したり緊張しているときには交感神経が機能し、リラックスしているときには副交感神経が優位に機能していることが知られていますが、勃起状態を保つために求められるのは副交感神経です。

不安や焦りなどで自律神経が変調をきたし、交感神経が優位になってしまうと、勃起状態が維持できず、EDの原因になってしまいます。
中高年男性の特徴的な更年期症状といえるのが、前立腺の組織変化に伴う排尿トラブルです。
前立腺は尿道を取り囲むようにある男性性器の一種。ここが肥大した「前立腺肥大症」では、尿道や膀胱底部が圧迫されるため、尿意があるのにすぐにでない、尿の切れが悪くなる、勢いがなくなり残尿感があるといった症状につながります。

急激なホルモンバランスの変化で自律神経が異常をきたす

男性ホルモンの分泌や調整は、自律神経等を通じて大脳皮質や肝臓へのフィードバックを通じて行われています。
ですが、体の老化や過剰なストレス、睡眠不足やアルコールやたばこの過剰摂取などが原因で、自律神経が乱れたり、急激なホルモンバランスの変化で自律神経が異常をきたすことがあります。
自律神経は脳から体のあらゆる機能に指令を与えており、日中の神経としてアグレッシブに働く神経です。
この働きがホルモンバランスの変化等によって阻害されてしまうと、自律神経の乱れで脳からの命令がスムーズに伝わらなくなったり、間違って伝えられてしまい、心身の様々な部分で支障を来してしまうのです。
男性更年期における自律神経の変調で、イライラしやすくなったり、気分が落ち込みやすくなったり、喜怒哀楽が激しくなるなど、違った性格になることがあります。

生理的な変調と心身症的反応

男性ホルモン(テストステロン)の減少からくる生理的な変調と、心身症的反応による不定愁訴がありますが、この二つは車の両輪の軸のようにお互いに関連しています。
不定愁訴としては「不安、不眠、あせりなどの精神症状」、「気力の低下」、「全身倦怠感」などがあります。
これは自律神経の乱れにより、感情のコントロールが利かなくなっているためで、一種の自律神経失調症とみることができます。

また、倦怠感や動悸や息切れなどが起こりやすくなるのも、自律神経がしっかり働いていないためです。
一方、人がリラックスしたり、睡眠をとる際には自律神経から副交感神経へと切り替えが行われます。
ですが、男性更年期で自律神経が乱れると、この切り替えもうまくいかなくなり、眠りたいのに自律神経が優位になって不眠に悩むといった事態ももたらされます。

男性更年期検査では、遊離型テストステロンが8.5pg/ml未満なら男性ホルモンが低いと判断し、8.5pg/ml以上から11.8pg/ml未満の男性を男性ホルモンが低下傾向にあると判断され自律神経の乱れに注意が必要です。

自律神経の乱れを改善するには、適度な運動と共に、男性ホルモンであるテストステロンの分泌を高めることがなによりも重要です。 

東南アジアの熱帯雨林に自生する薬用植物トンカットアリ!
マレーシアでは、精力や更年期そしてインポなどの言葉さえない大昔から、オランアスリ(原住民)によって伝統的に男性のバイタリティーと欲求の増進のために、トンカットアリの根を煎じて飲んでいました。

最近の研究でトンカットアリは、ライディッヒ細胞の機能を回復させて、テストステロンの分泌を再び活発にすることが確認されました。

精力がもどった・男性更年期障害が緩和した・イライラや気分の落ち込みも無くなった」と言う朗報をもたらしてきているトンカットアリDXはマレーシアで苗木を育て、密林に植林し管理し10年以上育てたものだけを採用した品質の高いトンカットアリの根部分を日本の最新加工技術で微粉末し植物由来のカプセルに詰めた最高品質のサプリメントです。
天然成分のみ、副作用の心配が無い安心の精神面と肉体面の両方で効果があるサプリメントです。ぜひ、お試しくださいませ。



 特定商取引法に 基づく表記| |会社概要