中高年男性のイライラ


男性更年期の症状
 ほてり
 むくみ

 寒気

 関節痛

 筋肉痛

 倦怠感

 口臭

  残尿感

 自律神経

 情緒不安定

 食欲不振

 神経質

 前立腺

 息苦しさ

 息切れ

 動悸

 年齢

 排尿困難

 勃起不全

 症状チェック

 更年期治療

 更年期予防

 更年期予防の食事

 テストステロン
 ストレス

 イライラ 

 うつ病

 肩こり

 のぼせ 

 めまい 

 手足のしびれ 

 集中力の低下 

 性欲減退

 男性ホルモン 

 頭痛 

 発汗

 疲労感 

 不安感 

 不眠

 便秘 

 更年期障害

 生活習慣病

 更年期障害の改善

 更年期障害の診断

 
中高年男性にイライラしてキレる人が
増えているのは、男性更年期のせいかもしれません


近年、通勤途中の車内で他の客とトラブルを起こしたり、駅のホームで駅員を殴り飛ばしたり、といったイライラと思われるニュースが増えています。
また、イライラが原因でスーパーや百貨店などの店舗やレストランなどの飲食店で、ちょっとした店員の言動が気に入らないと
突然キレるモンスターカスタマーの存在も問題視されています。

イライラして、人にあたる中高年者は男性更年期

こうしたイライラが募って人に当たるというケース、イライラしやすいのはエネルギーがあり余っている若者や自己主張が強い人達が引き起こすのではと思われがちですが、ふたを開けてみると、
イライラをぶつけてキレているのは、中高年者が多いという事実があります。

普段は会社などで責任あるポジションにあり、冷静な判断ができるはずのイライラに無縁の世代が、ある日突然、自分でも分からないほどイライラしてキレてしまうことがあるのです。
もし、若いころは穏やかだったり、これまでは気が長く穏やかなイライラと無縁な性格だと自分でも思い、人からも思われていたにも関わらず、最近やたらと気が短くなった、
イライラしやすい、人の言動に対してむかつきやすいといった状況が見られる場合、それは男性更年期特有のイライラ症状かもしれません。

男性機能などが低下がイライラを引き起こす

男性更年期は主に中高年の男性に見られ、男性機能などが低下することで引き起こされるイライラを含む不定愁訴を主な症状とします。
年齢を重ねると体の様々な部分が老化することは、誰しも認めるところです。
男性の場合、女性と違って何歳になっても子供を作ることができ、生殖機能は衰えないと誤解される方がいますが、実際には歳を重ねるにつれ生殖機能も老化していきます。

加齢とともに精子を作る精巣が委縮して、精巣から分泌されるテストステロンという
男性ホルモンの量が大きく減少すると、男性更年期になりやすくなります。

男性更年期の症状は広範囲に及びますが、イライラもその1つで些細な事でも周囲にあたってしまったり、職場や家庭での人間関係に支障を及ぼすことや、イライラが他人とのトラブルを引き起こすことがありますので、注意が必要です。
男性更年期検査では、遊離型テストステロンが8.5pg/ml未満なら男性ホルモンが低いと判断し、8.5pg/ml以上から11.8pg/ml未満の男性を男性ホルモンが低下傾向にあると判断され、イライラをおこす傾向にあるようです。

男性ホルモンであるテストステロンの分泌を増やし、適度な運動をすることでイライラの症状は改善されます。

東南アジアの熱帯雨林に自生する薬用植物トンカットアリ!
マレーシアでは、精力や更年期そしてインポなどの言葉さえない大昔から、オランアスリ(原住民)によって伝統的に男性のバイタリティーと欲求の増進のために、トンカットアリの根を煎じて飲んでいました。

最近の研究でトンカットアリは、ライディッヒ細胞の機能を回復させて、テストステロンの分泌を再び活発にすることが確認されました。

精力がもどった・男性更年期障害が緩和した・イライラや後期が治まった」と言う朗報をもたらしてきているトンカットアリDXはマレーシアで苗木を育て、密林に植林し管理し10年以上育てたものだけを採用した品質の高いトンカットアリの根部分を日本の最新加工技術で微粉末し植物由来のカプセルに詰めた最高品質のサプリメントです。
天然成分のみ、副作用の心配が無い安心の精神面と肉体面の両方で効果があるサプリメントです。ぜひ、お試しくださいませ。







 特定商取引法に 基づく表記| |会社概要