男性更年期障害を予防とは


男性更年期の症状
 ほてり
 むくみ

 寒気

 関節痛

 筋肉痛

 倦怠感

 口臭

  残尿感

 自律神経

 情緒不安定

 食欲不振

 神経質

 前立腺

 息苦しさ

 息切れ

 動悸

 年齢

 LOH症候群

 排尿困難

 勃起不全

 症状チェック

 更年期治療

 更年期予防

 更年期予防の食事

 テストステロン
 ストレス

 イライラ 

 うつ病

 肩こり

 のぼせ 

 めまい 

 手足のしびれ 

 集中力の低下 

 性欲減退

 男性ホルモン 

 頭痛 

 発汗

 疲労感 

 不安感 

 不眠

 便秘 

 更年期障害

 生活習慣病

 更年期障害の改善

 更年期障害の診断

 

更年期障害の予防には、
若々しさを保つ体作りがポイントに

更年期障害は、テストステロンの減少と関連しています

更年期障害の一番の原因は、身体の老化に伴う男性ホルモン、テストステロンの減少です。
成長期を終える20歳ころが分泌量のピークとなり、その後は徐々に低下していくのです。
もっとも、どの程度減るのか、そのスピードや程度は個人差が大きくなります。
たとえば、40代でも70代の標準的な値を示すくらい低下している人もいれば、逆に80代でも30代並みのテストステロン値を示す方もいます。
体質的なものというよりは、生活習慣や体力の維持、気持ちの持ち方にも大きく予防は左右されます。
男性ホルモンは男性の本能的な働きにも作用しており、テストステロン低下の予防は、狩猟本能に基づく攻撃性やアクティブな行動と関連性があります。

テストステロン値の低下の予防ができない人は、
社会規範に縛らる職業人に多い


そのため、高い目標を定めてアグレッシブに行動している人や、利益を追求して高い成功を収めている人などは予防が無意識にされ、テストステロンの量が高いことが分かっています。
また、テストステロン低下の予防については、アーティストなど創造的な仕事や生き方をしている人ほど、高齢になってもテストステロン値が高く、逆に医者や教師、銀行員など社会規範に縛られたり、職業がら失敗が許されないといった方はテストステロン値が低くなります。
そのため、更年期障害の予防のためには、基本的には年齢とともに下がっていくテストステロン値をなるべく減らさないようにキープしたり、値を改善することが予防につながるのです。
同じ年でも若く見える人、老けて見える人がいるのと同じで、体内も人それぞれ違うのです。

テストステロン低下の予防には、
テストステロンの分泌を促進することが大切です


そこで、いかに若さを保つかが予防のうえで重要です。
すでに老化が始まっている人は、若さを取り戻すかが予防の一番のポイントになります。
まずは、生活習慣の改善から始め、テストステロンの分泌がしっかり行われるよう十分な睡眠をとることが予防になります。
若々しさを保つべく、抗酸化力のある食べ物を積極的にとることが予防に繋がります。
また予防のためには、生きがいやストレスを抱えない範囲で無理のない目標などを持ち、テストステロンの攻撃性を刺激してあげることもポイントになります。

テストステロンの分泌を促進する生活習慣

1、没頭できる趣味持つことでストレスを解消し貯めない能力を身につける。ストレスが解消されるとテストステロン値は下がらず予防できています。
  
2、毎朝30分程度朝の光を浴びることで、体内時計が調整され正しい体内リズムが生み出され、交感神経と副交感神経のバランスが改善されることで、自律神経の変調が改善されることで予防できます。

3、男性ホルモンの分泌を促進させ減少を予防する食材として、亜鉛は重要で食品ではカキ、わかめ、さば、あじ、いわしなどに豊富に含まれています。


ムチンという物質が含まれる納豆、オクラ、山芋、なめこなどのネバネバ食品には、男性機能を回復させ前立腺を柔軟にする働きがあり、テストステロン低下の予防効果があります。
また、体内で作れない必須アミノ酸のアミノ酸スコアが高い卵、牛肉、豚肉、鶏肉、魚、オートミール、大豆プロテインは予防の為、摂取いただきたい食材です。

男性更年期検査では、
遊離型テストステロンが8.5pg/ml未満なら男性ホルモンが低いと判断し、8.5pg/ml以上から11.8pg/ml未満の男性を男性ホルモンが低下傾向にあると判断されテストステロン低下の予防が必要です。

また、サプリメントを活用し、テストステロンの分泌を増やし、適度な運動をすることでテストステロン低下の予防ができ更年期障害の改善もはかれます。

東南アジアの熱帯雨林に自生する薬用植物トンカットアリ!
マレーシアでは、精力や更年期そしてインポなどの言葉さえない大昔から、オランアスリ(原住民)によって伝統的に男性のバイタリティーと欲求の増進のために、トンカットアリの根を煎じて飲んでいました。

最近の研究でトンカットアリは、ライディッヒ細胞の機能を回復させて、テストステロンの分泌を再び活発にすることが確認されました。

精力がもどった・男性更年期障害が緩和した・何事にも積極性がでてきた」と言う朗報をもたらしてきているトンカットアリDXはマレーシアで苗木を育て、密林に植林し管理し10年以上育てたものだけを採用した品質の高いトンカットアリの根部分を日本の最新加工技術で微粉末し植物由来のカプセルに詰めた最高品質のサプリメントです。
天然成分のみ、副作用の心配が無い安心の精神面と肉体面の両方で効果があるサプリメントです。ぜひ、お試しくださいませ。





 特定商取引法に 基づく表記| |会社概要