LOH症候群とは


男性更年期の症状
 ほてり
 むくみ

 寒気

 関節痛

 筋肉痛

 倦怠感

 口臭

  残尿感

 自律神経

 情緒不安定

 食欲不振

 神経質

 前立腺

 息苦しさ

 息切れ

 動悸

 年齢

 LOH症候群

 排尿困難

 勃起不全

 症状チェック

 更年期治療

 更年期予防

 更年期予防の食事

 テストステロン
 ストレス

 イライラ 

 うつ病

 肩こり

 のぼせ 

 めまい 

 手足のしびれ 

 集中力の低下 

 性欲減退

 男性ホルモン 

 頭痛 

 発汗

 疲労感 

 不安感 

 不眠

 便秘 

 更年期障害

 生活習慣病

 更年期障害の改善

 更年期障害の診断

 
最近、話題を集めるLOH症候群の症状とは


LOH症候群はlate-onset hypogonadismを省略した言葉です。
日本語になおすと加齢男性性腺機能低下症候群と呼ばれています。

分かりやすくいうと、LOH症候群は
男性更年期障害のことで、加齢に伴い男性ホルモンが減少して、様々な心身の不調がもたらされる症状をいいます。
LOH症候群の症状としては全身の疲労感や動機、息切れ、不眠やイライラ、意欲の低下、性欲減退や勃起障害など様々な症状がもたらされます。

女性の更年期障害は有名ですが、男性の更年期障害であるLOH症候群については、あまり知られておらず、近年になってLOH症候群も注目を集めるようになりました。

LOH症候群は、テストステロンの低下が要因です。

疲れやすくなったり性欲が減退するのは、歳だから仕方がないと思われていたことも、また、動機や息切れがするのは血圧が高いからだとか、何か病気があるのかもと疑っていた方も、もしかするとLOH症候群による症状かもしれません。
心身の不調を覚えて病院で検査したにもかかわらず、特に異常が見つからなかったという方は、LOH症候群を疑って、専門のクリニックで検査を受けるといいでしょう。

LOH症候群の心身の様々な不快な症状をもたらす原因は、男性ホルモンの1種であるテストステロンの低下にあります。
男性ホルモンは20代にピークに次第に減少していくため、30代半ばか症状がみられることが多くなります。
また、ストレスや不規則な生活によっても、ホルモンバランスが乱れて低テストステロン症を引き起こすしLOH症候群を誘発することがあります。

LOH症候群の検査は、血中のテストステロン値を調べます。

男性更年期障害(LOH症候群)専門クリニックでの検査では、血液検査などによって血中のテストステロンの濃度や値を調べます。

LOH症候群では体の倦怠感やほてり、めまいや頭痛といった身体の不調のほか、イライラや情緒不安定、気分の落ち込みや笑わなくなる、これまで楽しかったことに興味を示さなくなるなど、うつ病に似た精神面での症状も起こります。

LOH症候群の場合も、うつ病だと思って精神科に行き、血中検査などを行わず問診だけで抗精神薬などを処方されても、低テストステロン症であれば効果は望めません。
男性専門外来で、しっかり症状の原因を突き止めてもらう必要があります。

男性更年期検査では、遊離型テストステロンが8.5pg/ml未満なら男性ホルモンが低いと判断し、8.5pg/ml以上から11.8pg/ml未満の男性を男性ホルモンが低下傾向にあると判断されLOH症候群を注意しなければなりません。

LOH症候群の改善に重要なことは、体内でのテストステロンの分泌を促進することです。

東南アジアの熱帯雨林に自生する薬用植物トンカットアリ!
マレーシアでは、精力や更年期そしてインポなどの言葉さえない大昔から、オランアスリ(原住民)によって伝統的に男性のバイタリティーと欲求の増進のために、トンカットアリの根を煎じて飲んでいました。

最近の研究でトンカットアリは、ライディッヒ細胞の機能を回復させて、テストステロンの分泌を再び活発にすることが確認されました。

精力がもどった・男性更年期障害が緩和した・活動的になった」と言う朗報をもたらしてきているトンカットアリDXはマレーシアで苗木を育て、密林に植林し管理し10年以上育てたものだけを採用した品質の高いトンカットアリの根部分を日本の最新加工技術で微粉末し植物由来のカプセルに詰めた最高品質のサプリメントです。
天然成分のみ、副作用の心配が無い安心の精神面と肉体面の両方で効果があるサプリメントです。ぜひ、お試しくださいませ。




 特定商取引法に 基づく表記| |会社概要