その不安感は男性更年期かも


男性更年期の症状
 ほてり
 むくみ

 寒気

 関節痛

 筋肉痛

 倦怠感

 口臭

  残尿感

 自律神経

 情緒不安定

 食欲不振

 神経質

 前立腺

 息苦しさ

 息切れ

 動悸

 年齢

 排尿困難

 勃起不全

 症状チェック

 更年期治療

 更年期予防

 更年期予防の食事

 テストステロン
 ストレス

 イライラ 

 うつ病

 肩こり

 のぼせ 

 めまい 

 手足のしびれ 

 集中力の低下 

 性欲減退

 男性ホルモン 

 頭痛 

 発汗

 疲労感 

 不安感 

 不眠

 便秘 

 更年期障害

 生活習慣病

 更年期障害の改善

 更年期障害の診断

 

男性更年期の不安感はなぜ生じるのか?

男性更年期は、倦怠感や動機、息切れや頭痛にめまいといった身体の不調のほか、イライラや意欲低下、不安や不安感などうつ病にも似た精神的な不調ももたらします。

テストステロンが減少すると不安感を覚えます

男性更年期の不安や不安感をおこす大きな原因は、男性ホルモンの1つであるテストステロンが、加齢による老化や過剰なストレス、不規則な生活等が相まって減少することにあり不安や不安感をもたらします。

では、なぜ
男性ホルモンの減少が不安や不安感などの精神的な症状を引き起こすかといえば、男性ホルモンの1つであるテストステロンに一酸化窒素(NO)を産出する働きやストレス軽減作用があるためです。
つまり、テストステロンが減少すると、この働きが小さくなってしまい、不安や不安感を覚えたり、小さなことでもストレスに感じて不安や不安感をあおってしまうようになるのです。

テストステロンが減少によりコーチゾールが増える

一酸化窒素(NO)の生成やストレス軽減作用というのは、うつ病の治療に用いられる抗うつ薬にもみられる作用です。
また、研究データによれば、
テストステロン値が低いとうつ病になりやすいという報告もあり、テストステロンの減少と気分の落ち込みや不安や不安感の増大には大きな関係があります。

不安や不安感というのは、これまでの経験や見聞きした事情から、色々と想像してしまい、実際の事実以上に深刻化して怯える状態といえます。
脳には過去に経験してきた恐怖や悲しみを記憶する扁桃体がありますが、扁桃体にテストステロンとストレスホルモンと呼ばれるコーチゾールが働きかけをしています。
健全な状態ではテストステロンが扁桃体をカバーしていますが、テストステロンが減少するとコーチゾールが増えてしまい、この偏桃体の記憶の引き出しが開かれてしまって恐怖感や悲しみ、不安や不安感が一気に押し寄せてしまいます。

男性更年期によって慢性的にテストステロンの減少が起こると、常に不安や不安感が押し寄せるのはこのためです。
また、テストステロンには深い眠りをもたらす働きがあり、テストステロンが減少すると良質な眠りが妨げられ、眠れなくなるなどして、不安や不安感を助長することに繋がります。

男性更年期検査では、遊離型テストステロンが8.5pg/ml未満なら男性ホルモンが低いと判断し、8.5pg/ml以上から11.8pg/ml未満の男性を男性ホルモンが低下傾向にあると判断され、不安や不安感の原因となっているともいえるのです。

男性ホルモンであるテストステロンの分泌を増やし、適度な運動をすることで不安や不安感の症状は改善されます。

東南アジアの熱帯雨林に自生する薬用植物トンカットアリ!
マレーシアでは、精力や更年期そしてインポなどの言葉さえない大昔から、オランアスリ(原住民)によって伝統的に男性のバイタリティーと欲求の増進のために、トンカットアリの根を煎じて飲んでいました。

最近の研究でトンカットアリは、ライディッヒ細胞の機能を回復させて、テストステロンの分泌を再び活発にすることが確認されました。

精力がもどった・男性更年期障害が緩和した・不安感がなくなり意欲的になった」と言う朗報をもたらしてきているトンカットアリDXはマレーシアで苗木を育て、密林に植林し管理し10年以上育てたものだけを採用した品質の高いトンカットアリの根部分を日本の最新加工技術で微粉末し植物由来のカプセルに詰めた最高品質のサプリメントです。
天然成分のみ、副作用の心配が無い安心の精神面と肉体面の両方で効果があるサプリメントです。ぜひ、お試しくださいませ。


 特定商取引法に 基づく表記| |会社概要