男性更年期と性欲減退


男性更年期の症状
 ほてり
 むくみ

 寒気

 関節痛

 筋肉痛

 倦怠感

 口臭

  残尿感

 自律神経

 情緒不安定

 食欲不振

 神経質

 前立腺

 息苦しさ

 息切れ

 動悸

 年齢

 LOH症候群

 排尿困難

 勃起不全

 症状チェック

 更年期治療

 更年期予防

 更年期予防の食事

 テストステロン
 ストレス

 イライラ 

 うつ病

 肩こり

 のぼせ 

 めまい 

 手足のしびれ 

 集中力の低下 

 性欲減退

 男性ホルモン 

 頭痛 

 発汗

 疲労感 

 不安感 

 不眠

 便秘 

 更年期障害

 生活習慣病

 更年期障害の改善

 更年期障害の診断

 

性欲減退の原因の1つに男性更年期も潜んでいる

男性が性欲減退する理由や原因は様々あります。
仕事の忙しさによる過労やストレス、女性とのトラブルによりトラウマを抱えてしまう、老化などの年齢によるもの、そして病気が原因で性欲減退が起きる場合もあります。
さらに
男性更年期でも性欲減退は起こります。

性欲減退でパートナーとのセックスにも危険信号

男性更年期とは加齢や不規則な生活、過剰なストレスなどが相まって、
男性ホルモンのバランスが崩れたり、男性ホルモンの分泌量が低下することで、心身に様々な不調や無気力や性欲減退を引き起こす症状をいいます。
男性機能をつかさどる
男性ホルモンの量が減少するわけですから、当然ながら性欲減退に繋がり、セックスをしても上手くいかなくなります。
性欲が減退するので途中で終わってしまったり、
中折れや早漏、勃起不全などが起こるほか、勃起するまでや射精するまでに時間がかかり、性欲が弱くなりパートナーとのセックスが楽しめなくなることが増えてきます。

性欲減退になると、これまでは定期的にパートナーとのセックスを楽しんでいたのに、その回数が減り、自らは進んで望まなくなり、性欲処理を自分だけで済ませるオナニーが増えるのも性欲減退の症状の1つになります。

仕事で疲れているから性欲減退が起きているのではとか、ストレスが溜まっているから性欲減退が起きており、仕事やストレスから解放されれば元に戻るはずと思っていたのに、性欲減退の原因はどうも違うらしいという場合、その原因は男性更年期に起因することも多いのです。

もっとも、性欲減退の裏には糖尿病や肝臓病などの重大な疾患が潜んでいることもありますので、性欲減退を感じた場合は、過労やストレス、年齢からくるものだと自分勝手に決めつけず、専門医による診断を受けることが賢明です。

更年期に起因する精力減退かを確かめる

性欲減退の原因が思い当たらなければ、まずは男性更年期の診断を行っている泌尿器科やED外来などの専門クリニックを訪ねてみましょう。
加齢による勃起不全なのか、さらに体全体の不調ももたらす男性更年期の性欲減退なのかを見極めてもらえます。
それ以外に性欲減退の原因があると判断されれば、糖尿病などの検査のため専門医を紹介してもらえるので、一度勇気を出して検査を受けると安心できます。

男性ホルモン(
テストステロン)の減少からくる生理的な変調と、心身症的反応による不定愁訴がありますが、この二つは車の両輪の軸のようにお互いに関連しているので厳密に分類することは難しいのですが、生理的変調による症状としては「性欲減退」が主なものになります。

私たち男性は残念ながら歳をとれば生殖機能が衰えてくるのはどうしようもない現実です。
男性は早い人で30歳前後から、一般的には35歳前後から性欲減退を感じてくるようです。
それは男性ホルモンの分泌の低下がはじめるためで、普通25歳をピークにして性欲減退が始まります。

生殖機能が衰えには、
男性ホルモンの減少が根底ある

このような性欲減退の症状は40代半ばから出てくることが多いのですが、最近ではもっと低年齢化してきているようです。
しかし、
勃起力の低下や不定愁訴などを感じたら、性欲減退やぼっ起力低下の原因を改善させることで、男性機能を回復させることはそれ程難しいことではありません。

男性の
性的障害の原因には男性ホルモンの減少が根底にありますので、このテストステロンと呼ばれるホルモンの低下は、エストロゲンのように急激に低下することはありませんが、40代を過ぎた男性で徐々に低下していきます。

また40代は仕事や家庭でのストレスが多い年代でもあり、これらのストレスがホルモンの低下と重なって障害に似た性欲減退の症状が現れると考えられています。

男性更年期検査では、
遊離型テストステロンが8.5pg/ml未満なら男性ホルモンが低いと判断し、8.5pg/ml以上から11.8pg/ml未満の男性を男性ホルモンが低下傾向にあると判断され性欲減退の原因にもなるようです。

男性ホルモンであるテストステロンの分泌を増やし、適度な運動をすることで、性欲減退の症状は改善されます。

東南アジアの熱帯雨林に自生する薬用植物トンカットアリ!
マレーシアでは、精力や更年期そしてインポなどの言葉さえない大昔から、オランアスリ(原住民)によって伝統的に男性のバイタリティーと欲求の増進のために、トンカットアリの根を煎じて飲んでいました。

最近の研究でトンカットアリは、ライディッヒ細胞の機能を回復させて、テストステロンの分泌を再び活発にすることが確認されました。

「精力がもどった・男性更年期障害が緩和した・精子の数が増えた」と言う朗報をもたらしてきているトンカットアリDXはマレーシアで苗木を育て、密林に植林し管理し10年以上育てたものだけを採用した品質の高いトンカットアリの根部分を日本の最新加工技術で微粉末し植物由来のカプセルに詰めた最高品質のサプリメントです。
天然成分のみ、副作用の心配が無い安心の精神面と肉体面の両方で効果があるサプリメントです。ぜひ、お試しくださいませ。




 特定商取引法に 基づく表記| |会社概要