女性更年期の不安

 女性更年期情報
女性更年期

女性更年期障害
ストレス

不安感

女性ホルモン低下 

イライラ

 うつ的症状

肩こり

のぼせ

ほてり

めまい

手足のしびれ

集中力の低下

生活習慣

生理

頭痛

動悸

発汗

疲労

不眠 

便秘

改善

診断

食事で予防

予防方法

若年性更年期障害

エストロゲン

吐き気

肥満

無気力

むくみ

寒気
筋肉痛

口臭

耳鳴り

自律神経

情緒不安定
食欲不振

息苦しさ

抜け毛 

頻尿

倦怠感

神経質 

年齢 

ホットフラッシュ 

関節痛

治療

更年期障害の症状 

肌荒れ

唾液の減少
 
女性更年期の不安を乗り切る方法について


女性更年期障害は主に閉経後の中高年女性に見られる症状で、閉経によって女性ホルモンの量が急激に低下することによって、ホルモンバランスが乱れ、
体の様々な部分や不安など精神的な部分まで支障を来す状態になります。

中には体がだるくて1日中寝ているような状態となり、
家事も子育ても仕事もできないといった症状不安感に悩まされることもありますが、病院に行っても何処が悪いという大きな病気は発見されずより不安になります。
一定期間が経て、ホルモンバランスが安定してくると、自然に治るのも特徴です。

更年期は、身体の不調や不安など
精神の不調に悩まされる

女性更年期障害の主な症状として、特に多くの女性が悩まされるのが、のぼせやほてり、イライラ、体のだるさや不眠、意欲や気力の減退と不安感に襲われるのです。
体が常に火照ったようになり、酷いとクラクラとめまいを起こし、ずっと横になっていないと辛いというケースも生じます。

これまで普通にやっていた家族のための食事作りや掃除や洗濯もできなくなったりし不安におそわれ、特に夕方になると辛くなり、夕飯の準備ができなくなるケースも少なくなく不安が出てきます。

若い女性にも不安などの症状が

これといった
病気は見つからないため不安感が生じるだけでなく、、家族から怠けていると言われたり、自分でも何もできない状況に自分を責め、よけいにふさぎ込んでしまい、ますます不安感に襲われるのです。
こうした女性更年期障害は主に閉経後の女性に起きる不安な症状ですが、最近では閉経前の若い女性の間でも似たような不安症状が起こり、若年性更年期障害などと言われています。

症状はほぼ同じで
イライラややる気、気力の低下、不安感や不眠等が起こりますが、病院で調べてみても特に異常は認められません。

若年性更年期障害の不安感の主な原因は、ホルモンバランスの乱れです。
睡眠不足や夜中まで仕事やインターネット、ゲームなどをして起きているといった
生活リズムの乱れなど不規則な生活習慣や、脂質の多い食事にアルコールの過剰摂取など食生活音乱れが原因となって、ホルモンバランスを乱し不安感をおこす要因となります

すると、閉経後の女性ホルモン量の低下と同じような状態が引き起こされ、閉経前でも女性更年期障害に似た不安感に襲われる症状が起こってしまうのです。

更年期の不安を改善し明るく乗り切るには、体内でのエストロゲンの分泌を増やすことが重要です。


女性のホルモンバランスを支えてきたアンデスのマカ

更年期やホルモンなどの言葉さえない時代から、マカは古代インカ帝国の女性たち秘伝の健康を保つ植物として愛用されており、数多くの女性ホルモンに関係する効果的な有効成分が含まれています。

マカは、アンデスの山岳地帯4.000m以上の高地の極度に厳しい環境の中で自生する驚くべき生命力をもった自然植物で、その群を抜く栄養価の高さから「アンデス薬草の女王」とも呼ばれている健康食品です。

生理不順が治った・更年期の症状が緩和された・ホルモンバランスがよくなった」と言う朗報をもたらしてきているマカサポートDXは、高品質のマカを日本の最新加工技術で世界に例をみない300メッシュという超微粒子にし、タピオカ由来の植物性カプセルに詰めた安全で最高品質のマカです。

現在、更年期障害や女性ホルモン関係の症状でお悩みの数多くの皆様にご愛飲いただいております。ぜひ、一度お試しくださいませ。


 特定商取引法に 基づく表記| |会社概要