女性更年期と自律神経

 女性更年期情報
女性更年期

女性更年期障害
ストレス

不安感

女性ホルモン低下 

イライラ

 うつ的症状

肩こり

のぼせ

ほてり

めまい

手足のしびれ

集中力の低下

生活習慣

生理

頭痛

動悸

発汗

疲労

不眠 

便秘

改善

診断

食事で予防

予防方法

若年性更年期障害

エストロゲン

吐き気

肥満

無気力

むくみ

寒気
筋肉痛

口臭

耳鳴り

自律神経

情緒不安定
食欲不振

息苦しさ

抜け毛 

頻尿

倦怠感

神経質 

年齢 

ホットフラッシュ 

関節痛

治療

更年期障害の症状 

肌荒れ

唾液の減少
 
女性更年期の影響と自律神経の乱れについて


40代の後半から50代の前半にかけて、ホルモンバランスの影響で、自律神経が乱れることで女性の体調には大きな変化が訪れます。
女性ホルモンの分泌量が急激に減少することによって起こる、女性更年期に突入する時期だからです。

女性ホルモンというのは、単に女性の体を子供が産めるよう周期に基づいて月経を来させるだけでなく、さまざまな役割を持っていることが知られています。
たとえば、骨を固く丈夫に維持するにも女性ホルモンが関係していますので、閉経後の女性に骨粗しょう症が増えるのも自然の摂理です。

女性ホルモンの分泌量の低下が自律神経にも影響

そんな月経が終わることになる女性更年期に、さまざまな不快な症状が現れるのも、考えてみれば無理からぬことで、女性ホルモンの分泌量が減る事が自律神経にも影響を及ぼします。

自律神経の働きが乱れることによって、さまざまな不快な症状が現れると言ってもよいのです。

そもそも更年期障害とは女性ホルモンの分泌量の減少が主な原因なのですが、それが自律神経の働きを乱してしまうことによって、頭痛や肩こり、冷えやのぼせといった
不定愁訴を引き起こしてきます。

自律神経の乱れが、情緒不安定を生む

自律神経の乱れる女性更年期はこうした体の変調をきたすのはもちろんのこと、
精神面にも大きな変化を与えます。
イライラしたり、ちょっとしたことでムカっとしたり、かと思えば急に悲しくなったりむなしくなって涙がこぼれたりと、傍から見るとうつ状態のような
情緒不安定さを見せるようになります。

これもまた自律神経の乱れによるものであり、その人の性格にもかなり強く影響されてきます。

物事をまじめにとらえる、神経質である、くよくよしがちである、取り越し苦労が多いといった思考形態の人ほど、
女性更年期においてメンタル面での自律神経の乱れが現れることが多くなります。

自律神経が乱れるこの時期は、おおらかに、少しくらい雑に暮らすくらいの気持ちを持っていた方がよいのですが、性格的にそれができない人は女性更年期の症状がひどくなり、とりわけ
自律神経の乱れによる精神面でのストレスが相当重くなります。

自分で自律神経の変調に該当すると感じたら、専門の医療機関を受診してみる方がよいでしょう。

自律神経を改善し、更年期を明るく乗り切るには、体内でのエストロゲンの分泌を増やすことが重要です。

女性ホルモン(エストロゲン)の分泌を最適にするマカ

更年期やホルモンなどの言葉さえない時代から、マカは古代インカ帝国の女性たち秘伝の健康を保つ植物として愛用されており、数多くの女性ホルモンに関係する効果的な有効成分が含まれています。

マカは、アンデスの山岳地帯4.000m以上の高地の極度に厳しい環境の中で自生する驚くべき生命力をもった自然植物で、その群を抜く栄養価の高さから「アンデス薬草の女王」とも呼ばれている健康食品です。

生理不順が治った・更年期の症状が緩和された・自律神経の変調が治った」と言う朗報をもたらしてきているマカサポートDXは、高品質のマカを日本の最新加工技術で世界に例をみない300メッシュという超微粒子にし、タピオカ由来の植物性カプセルに詰めた安全で最高品質のマカです。

現在、更年期障害や女性ホルモン関係の症状でお悩みの数多くの皆様にご愛飲いただいております。ぜひ、一度お試しくださいませ。


 特定商取引法に 基づく表記| |会社概要