女性更年期の発汗

 女性更年期情報
女性更年期

女性更年期障害
ストレス

不安感

女性ホルモン低下 

イライラ

 うつ的症状

肩こり

のぼせ

ほてり

めまい

手足のしびれ

集中力の低下

生活習慣

生理

頭痛

動悸

発汗

疲労

不眠 

便秘

改善

診断

食事で予防

予防方法

若年性更年期障害

エストロゲン

吐き気

肥満

無気力

むくみ

寒気
筋肉痛

口臭

耳鳴り

自律神経

情緒不安定
食欲不振

息苦しさ

抜け毛 

頻尿

倦怠感

神経質 

年齢 

ホットフラッシュ 

関節痛

治療

更年期障害の症状 

肌荒れ

唾液の減少
 

気になる女性更年期の大量発汗

女性更年期になると、卵巣の機能も衰え分泌されていたエストロゲンやプロゲステロンの量が徐々に減少してくると同時に、卵巣からのホルモン分泌を促すホルモンのほうにも変化が起こります。
この事が原因で、体温調節や血液の循環など自分の意思ではない体の調節機能である
自律神経のコントロールが上手く行かなくなり、汗腺の調節機能が弱くなって乱れ発汗の症状が出てまいります。

コントロールができない大量に発汗

激しい運動をしたり、熱いお風呂に入ったり、室温や気温が特に高いわけでもないのに、急に顔や上半身が熱くなり、大量に発汗することがあるのです。
暑い日でもなければ、室温が快適に保たれているにも関わらず発汗がおき、普通にデスクワークをしたり、家事をするなどハードな動きをしている状態でなくても、滝のように汗がしたたり落ちることもあります。
前触れもなく大量発汗が起こるため、接客業や営業など人前に出る仕事をしている方の中には、怖くて仕事ができないと不安を訴える人もいます。
また、主婦の方でも人前での大量発汗に怯えて、外出を控えたり、人との付き合いが減って引きこもりがちになる方がいるほどです。

更年期の汗っかき・多汗は、更年期(閉経前後)に起こるのぼせ・ほてりと伴って起きる顔の汗や、首筋・脇・胸など上半身に集中した発汗・多汗で、時・場所かまわず多量の汗です。

更年期の発汗・多汗の原因は、
汗腺の調節機能をコントロールする女性ホルモン(エストロゲンとプロゲストロン)の減少です。
そのため、運動もしていないのに汗をかきます。
発汗はコントロールができないので、時・場所おかまいなしです。寝汗も増えます。
更年期とは、女性が閉経を迎えるだいたい45歳〜55歳前後の期間をいい、女性ホルモンの分泌も減ってくるのでホルモンバランスが崩れます。
体温調節や血液の循環など自分の意思ではない体の調節機能である自律神経のコントロールが上手く行かないということが、発汗には深く関係しているのです。

発汗は更年期障害の症状です

更年期の発汗はイライラなど精神的症状やストレスのため、ちょっとしたことで汗がでます。何かの拍子に
ドッと汗をかく発汗症状で典型的な更年期障害の症状の一つです。

更年期になると、汗腺の調節機能が弱くなって乱れ、体温調節が上手く行かないので、体を動かしてもいないのに汗をかいたり、寝汗がひどくなったり、いつでもどこでも汗をかくということが多くなりやすいのです。

閉経前後の女性に起こる女性更年期障害では、閉経による卵巣の老化に伴い、卵胞ホルモンのエストロゲンの分泌量が急激に減少します。
ホルモンバランスが急激に変化するため、体の様々な機能を司っている自律神経も大きく左右されることになります。

自律神経が血管の拡張や収縮の
コントロールできなくなる


自律神経が血管の拡張や収縮のコントロールをスムーズに行えなくなり、昼夜問わず、突然として大量発汗したり、熱さを感じるようになるのです。
自律神経の乱れは血の巡りの悪さも引き起こし、手足や腰は冷えるのに、上半身だけに血が上って、顔から大量に発汗するという事態をもたらします。

更年期には上半身に汗がでやすい

更年期は汗腺機能だけでなく
体温調節機能が低下し、血流も悪くなります。
そのため、気温というよりは下半身の冷えに反応して、上半身に汗がでやすいです。
一般的な多汗症は手足の汗っかき・多汗が多いようです。

女性更年期障害の発汗症状が出るのは閉経を挟んだ前後5年ずつと言われており、個人差はあるが、その時期を乗り越えれば、発汗も自然と治まっていきます。
もっとも、この時期の女性はいわゆる中高年といわれる時期で、他の病気の可能性も否めません。

上半身ののぼせや発汗が起きやすい疾患として、高血圧や心臓疾患、甲状腺疾患が潜んでいることもあるため、病院で一度検査を受けることが賢明です。
発汗が女性更年期障害によるものであれば、無理のない範囲で適宜体を動かし、
全身の血行を促すことで、急な発汗を抑えることに役立ちます。

発汗の更年期を明るく乗り切るには、体内でのエストロゲンの分泌を増やすことが重要です。


女性ホルモン(エストロゲン)の分泌を最適にするアンデスのマカ

更年期やホルモンなどの言葉さえない時代から、マカは古代インカ帝国の女性たち秘伝の健康を保つ植物として愛用されており、数多くの女性ホルモンに関係する効果的な有効成分が含まれています。

マカは、アンデスの山岳地帯4.000m以上の高地の極度に厳しい環境の中で自生する驚くべき生命力をもった自然植物で、その群を抜く栄養価の高さから「アンデス薬草の女王」とも呼ばれている健康食品です。

生理不順が治った・更年期の症状が緩和された・汗かきが治まった」と言う朗報をもたらしてきているマカサポートDXは、高品質のマカを日本の最新加工技術で世界に例をみない300メッシュという超微粒子にし、タピオカ由来の植物性カプセルに詰めた安全で最高品質のマカです。

現在、更年期障害や女性ホルモン関係の症状でお悩みの数多くの皆様にご愛飲いただいております。ぜひ、一度お試しくださいませ。

     

 特定商取引法に 基づく表記| |会社概要