偏平足


関節痛の症状
腱鞘炎・ばね指

肩関節周囲炎・五十肩
ヘバーデン結節

上腕骨内課炎
頚椎症

頚髄症
股関節痛

捻挫

軟骨石灰化症

変形性関節症

指関節痛

指先のシビレ手根管症

手首の関節痛

捻挫(ねんざ)

足の疲労骨折

外反母趾

痛風・高尿酸血症 

偏平足

足根管症候群

脊柱管狭窄症
肘関節痛
椎間板ヘルニア
半月板損傷
 三叉神経痛
 
偏平足について

足の裏の「正常な縦アーチ」である
土踏まずがなく、平らな状態の足を扁平足と言います。
私たちは、生まれた赤ちゃんの時は足の裏が真っ平らな状態で生まれてきます。

普通は成長するとだんだんと土踏まずが形成されていきます。
遺伝的要因によって扁平足になる人と、足の筋力や靭帯の強さが関係して、後天的な扁平足があると言われています。

特に近年は、屋外で遊ぶ子供が少なくなることで、足の力が弱くなり、後天的な扁平足が増えているようです。

扁平足の人は、常に足に負担がかかる状態になっており、歩くと疲れやすかったり、足が痛くなったりしてしまいます。
土踏まずが無く足裏のクッションが効かない、偏平足の人は、足を動かすと痛みが走り疲れやすくなります。

日本人は偏平足症状を抱えている人が外国と比較し大変多いようです。
しかし、偏平足だからと言って日常生活に大きな支障をきたす事はまずありません。

偏平足は、衝撃吸収能力が低下

偏平足は、地面からの衝撃吸収能力が極端に低下する為、他の関節への負担が大きくなります。
その為、偏平足の人は足に関わる合併症を引き起こす可能性があるので注意が必要です。
 
偏平足の原因とは?

いろいろな意見があり、明確な原因を見極めるのは難しいようです。
医学的な見解から原因を分析する際、その原因の分類方法として
「先天性偏平足」と「後天性偏平足」の2種類の偏平足症状に大別する事が出来ます。

先天性偏平足とは、乳幼児から少年期にかけて足裏のアーチが形成される時期において何らかの理由で、足裏のアーチが形成されなかった事が原因として考えられる偏平足です。

そして後天性偏平足とは、足裏アーチが形成された後に、何らかの要因より足裏のアーチが潰れてまった偏平足です。

偏平足自体の症状は同様ですが、この原因から治療法なども異なってくるので原因を把握する事も重要のようです。

先天性偏平足とは、

足裏のアーチが形成される乳幼児期から幼少期にかけての成長過程において、骨格の異常・発育不全・機能障害などが原因となって発症する偏平足症状を指します。
ですから、先天性偏平足に関しては「先天性=生まれつきの障害」というのではなく
最初の骨格の形成期における問題が要因となり偏平足となると考える必要があります。

人間の赤ちゃんの足は、誰もが土踏まずのない偏平足です。
足の裏はぷよぷよと柔らかく、見た目もまさしく平らになっておりますが、赤ちゃんの発育・成長に伴って、足の各筋肉が発達するにつれて、土踏まずは徐々に持ち上げれ、足裏のアーチを形成するようになります。

このアーチの形成される時期に、十分な運動がなされていなかったり、筋肉の成長を妨げる関節の機能障害などがあると、このアーチは正常に形成されなくなってしまいます。
このような経緯で偏平足をもたらした場合に、先天性偏平足の可能性が考えられるのです。

後天性偏平足とは、

土踏まずが形成されている
成人に達した段階で発症する偏平足障害のことで、大半は骨折・靱帯損傷・後脛骨筋の疲労・アキレス腱の疲労・アキレス腱組織の軟弱化などの症状が確認されます。

発症の原因は、大半が「
疲労性」によるものが多い点が大きな特徴で、疲労の度合いによっては数日でアーチの形状を失ってしまう急性偏平足障害をもたらす事もあります。

後天性偏平足は既に骨格が形成されている段階以降の障害ですから、
治療は先天性偏平足よりも困難なケースが多く長期化するようです。

後天性偏平足は、説明したとおり疲労の蓄積による偏平足症状の発症が最も大きな要因ですから、後天性偏平足を治す際は、疲労の除去・筋力強化などで足裏のアーチ構造を蘇生・回復する事が最重要となります。

合併症の危険性について、

骨格形成がある程度進んだ段階で発症する後天性偏平足が、長期的に症状が続く場合は、他の障害を併発する合併症の発症の可能性が高くなります。
特に、ジャンプ系の競技をしているアスリートや、陸上競技などを実践しているアスリートは、
「衝撃吸収能力」が確実に低下しているので、細心の注意が必要となります。

このアーチ構造は足関節に加わる衝撃を和らげる為の重要な役割をもっており、この衝撃を吸収・緩和する働きを持つアーチ構造がつぶれてしまっていると
足首の関節・膝の関節・股関節など主に下半身を中心とした関節に障害をもたらす可能性が出てくるのです。

そして例えば膝関節に障害を発症すると、その障害をかばう内に腰痛などを発症するケースも出てきます。
このように偏平足症状が要因となって他の障害をもたらす可能性も十分考えられるので注意が必要です。



 特定商取引法に 基づく表記| |会社概要