頚髄症について


関節痛の症状
腱鞘炎・ばね指

肩関節周囲炎・五十肩
ヘバーデン結節

上腕骨内課炎
頚椎症

頚髄症
股関節痛

捻挫

軟骨石灰化症

変形性関節症

指関節痛

指先のシビレ手根管症

手首の関節痛

捻挫(ねんざ)

足の疲労骨折

外反母趾

痛風・高尿酸血症 

偏平足

足根管症候群

脊柱管狭窄症
肘関節痛
 
頚髄症の3種類について


頚髄症の原因は基本的には加齢変化ですが、かなり個人差があります。
また、主症状である痛みの由来として、椎間板・椎間関節・筋肉・靭帯などさまざまな組織があげられます。

肩こりや頸部の運動痛の他、背部痛多い

通常、
肩こりや頸部の運動痛が最も多い症状ですが、背部痛も比較的多い症状です。
とくに、頸椎の動きに応じて変化する痛みで、横になって安静にしていると軽快します。
また、長時間の同一姿勢や作業後に増悪します。
頸部の痛みに伴う筋緊張状態が頭痛・吐き気などを誘発することもあります。

変形性頚椎症

首が痛い、肩がこるなどの症状で病院に行くと、首(頚椎)のレントゲンを撮って、「骨と骨の間が狭くなっています。
これは年齢的なものですと説明を受けた方は多いと思います。
このように、椎間が狭くなるとか、骨棘(こつきょく)といって骨がとげの様に出っ張るなどの変化は30代頃から誰にでも少しずつ起きてくるものです。
首が痛いなどの
局所症状だけで、手足のしびれなどの神経症状を伴わない時は「変形性頚椎症」と言われます。
改善には、鎮痛剤の内服や外用などの薬物療法と、特殊な機械を使って頚椎を引っぱるけん引、さらに温めたり、電気刺激などを加える理学療法などが行われます。
ご 自分で出来る方法としては、痛みの出る姿勢を避けることが必要です。
時々、仕事の手を休めて首や肩の体操をして筋肉をほぐしておくことも大切です。

頚椎症性神経根症

変形性頚椎症に加えて、
頚椎から腕につながる神経根が圧迫されるために、腕にしびれや痛みが出る場合は頚椎症性神経根症です。
上を向く動作で腕に痛みが出ることが多いので、痛みの出る動作には注意して下さい。
このように日常生活のちょっとした注意や薬の服用などで、多くの場合手術をしなくても回復します。
また、ゴルフなどのスポーツで痛みが出る人は運動をしばらく休むことも必要です。

頚椎症性脊髄症

肩こりや首の痛みに加えて、両手や両足にしびれが出る場合があります。
さらに、
箸が使いづらい、ボタンがかけにくい、字がうまく書けないなど手指の運動障害や、足元がふらつく、何かにつかまらないと歩けないなどの歩行障害がある場合は「頚椎症性脊髄症」と言われます。

頚椎のMRIでは脊髄の圧迫が見られます。この疾患は加齢とともに少しずつ進行する傾向があり、手指の運動障害や歩行障害が長く続く場合や、症状が進行する時は手術が勧められます。
また転倒した時に急に悪化して手足が麻痺することがあるので注意が必要です。 

奥アマゾンの先住民たちが伝承するキャッツクロー

奥アマゾンの先住民たちは、痛みの原因や病名などもわからない時代からずっと、リウマチや関節痛の特効薬としてキャッツクローを利用していました。身体の関節が炎症を起こし痛むとき、キャッツクローの根や樹皮を煎じて飲めば、症状がしだいに消えていくことをインディオたちは経験的に知っていました。

キャッツクロースーパーDXは「慢性痛やリウマチの激しい痛みが緩和された」と言う朗報をもたらしてきている奥アマゾン原産の最高品質のキャッツクローです。

キャッツクロースーパーDXは天然植物の成長過程で合成された有効成分の作用より、炎症を抑え免疫機能を正常に戻維持するように働きかけます。
現在、リウマチ、変形関節症、関節炎や自己免疫疾患や抗リウマチ剤の副作用に悩んでいる多くの方々にご愛飲いただいております。
関節の痛みでお悩みの人は、副作用の心配がない安心のキャッツクロースーパーDXをぜひ試してみてください。



 特定商取引法に 基づく表記| |会社概要