ヘバーデン結節


関節痛の症状
腱鞘炎・ばね指

肩関節周囲炎・五十肩
ヘバーデン結節

上腕骨内課炎
頚椎症

頚髄症
股関節痛

捻挫

軟骨石灰化症

変形性関節症

指関節痛

指先のシビレ手根管症

手首の関節痛

捻挫(ねんざ)

足の疲労骨折

外反母趾

痛風・高尿酸血症 

偏平足

足根管症候群

 脊柱管狭窄症
肘関節痛
椎間板ヘルニア
半月板損傷
半月板損傷
 三叉神経痛
 
ヘバーデン結節は、リウマチとは違います。


ヘバーデン結節は、
指の第一関節の背側にできる骨の変形による膨らみのことをさし、左右対称に症状が出るとことが多くリューマチと似た症状ですがリウマチとは異なります。

手術しても治らない不治の病といわれ、一般に
40歳代の女性に比較的多く発生し、男性の10倍と言 われます。
発症年齢は、平均すると55〜56歳。男性は発症の平均年齢が高くなる傾向のようです。

発症する背景には、女 性独特のホルモンの変調や男性ホルモンであるテストステロンの分泌低下なども考えられます。
さらに、ストレスが多く掛かる環境、またストレスを受けやすい体質も関係している ようです。

この疾患を最初に報告したヘバーデン 博士の名から「ヘバーデン結節」と呼ばれています。

人差し指から小指にかけて第一関節に症状が出てきます

症状としては、
手の指が曲がったり、関節の一部がコブのように腫れてしまうことがあります。

具体的には、人差し指から小指にかけて第一関節が赤く腫れたり、曲がったりした症状が出てきます。
いずれの指の変形も、曲げ伸ばしの際に痛みが生じたり、動きの制限が出てきますが、関節リウマチと異なり、朝のこわばりはありません。
また、指の付け根や手首などの関節が破壊されてくることがないのも特徴です。

関節リウマチと異なりこわばりはありません

ヘバーデン結節は全部の指の関節に出るとは限りませんが、手を良く使うと痛みが出て不具合を感じ、しかも腫れるので、関節リウマチではないかと心配される方が多いようです。
また、第1関節の上に水ぶくれのようにミューカシストができる場合もあります。
正常な状態の指と比べると、運動制限が見られ、指を全部曲げグーのようにしようとすると、痛みが出ます。
そして、強く握ることができない場合も在りますが、しかし、関節リウマチに見られるようなこわばりとは違います。

家族内発 生や遺伝性もあるようですが、はっきりしていません。
ただ、
母娘、姉妹間では高率に認められています。
一般には40歳以上の方に多く発生しています。
急に指を使うことになると、痛みで悩まされるので、関節リウマチではないかと心配する人が多いのですが、実はまったく違う病気です。
ヘバーデン結節は関節リウマチとは違い、それほど心配なさらなくても良いのです。

冷えには注意が必要です

ヘバーデン結節の場合、病院での治療以外にも、普段の生活での自己ケアが大切です。

日常の生活では、
指先だけでなく、体を冷やさないことに注意します 。
特に飲食による冷えと冷房での冷えには注意が要ります。
自分で行なう簡単なケアとしては、指全体をゆっくりと引っ張った り、戻したり、手首をストレッチすると良いでしょう。

食事も、栄養のバランスが良い食事を心 がけなければいけません。
患部を冷やしたり、軽くマッサージを行ったり、テーピングなど による対処で痛みを軽減させることはできます。

奥アマゾンの先住民たちが伝承するキャッツクロー

奥アマゾンの先住民たちは、痛みの原因や病名などもわからない時代からずっと、リウマチや関節痛の特効薬としてキャッツクローを利用していました。身体の関節が炎症を起こし痛むとき、キャッツクローの根や樹皮を煎じて飲めば、症状がしだいに消えていくことをインディオたちは経験的に知っていました。

キャッツクロースーパーDXは「慢性痛やリウマチの激しい痛みが緩和された」と言う朗報をもたらしてきている奥アマゾン原産の最高品質のキャッツクローです。

キャッツクロースーパーDXは天然植物の成長過程で合成された有効成分の作用より、炎症を抑え免疫機能を正常に戻維持するように働きかけます。
現在、リウマチ、変形関節症、関節炎や自己免疫疾患や抗リウマチ剤の副作用に悩んでいる多くの方々にご愛飲いただいております。
関節の痛みでお悩みの人は、副作用の心配がない安心のキャッツクロースーパーDXをぜひ試してみてください。



 特定商取引法に 基づく表記| |会社概要