椎間板ヘルニア


関節痛の症状
腱鞘炎・ばね指

肩関節周囲炎・五十肩
ヘバーデン結節

上腕骨内課炎
頚椎症

頚髄症
股関節痛

捻挫

軟骨石灰化症

変形性関節症

指関節痛

指先のシビレ手根管症

手首の関節痛

捻挫(ねんざ)

足の疲労骨折

外反母趾

痛風・高尿酸血症 

偏平足

足根管症候群

脊柱管狭窄症
肘関節痛
椎間板ヘルニア
椎間板ヘルニア
半月板損傷
 
椎間板ヘルニアについて


突然の腰痛と太腿から足先に至る痺れ。それが椎間板ヘルニアです。
簡単に言えば腰痛が悪化し、神経痛まで併発してしまった状態となります。
椎間板ヘルニアは20代から60代の人に多く見られる症状だったのですが、最近では10代の若い人にも見られるようになってきました。
その為、ヘルニアは「現代病」とも言われているようです。
ちなみにヘルニアという言葉は「突き出した状態」を表し、まさに「椎間板が突き出たもの(ヘルニア)」が『椎間板ヘルニア』ということになります。
ヘルニアを理解するにあたって、まずは私たちの身体の中心である背骨について少し理解する必要があります。
まず、背骨(脊椎)とは24個の椎骨が連なって成り立っています。
そしてその椎骨と椎骨の間には「椎間板」と呼ばれているクッションの役割を果たすものがあります。
この椎間板は「繊維輪軟骨」と「髄核」という二つの要素から成り立っており、柔らかい「髄核」を柔軟性の高い「繊維輪軟骨」が包み込む形となっています。皆さんの大好きな大福餅をイメージしてください。
アンコが「髄核」でアンコを包み込む餅が「繊維輪軟骨」です。

ヘルニアとは大福餅の皮(繊維輪軟骨)が強い圧力で破れ、中のアンコ(髄核)が飛び出してしまった状態です。
そして椎間板ヘルニアから生じる強い痺れ・痛みは飛び出した椎間板の髄核が抹消神経を束ねた脊髄を圧迫することで発症している「神経痛」なのです。
痺れの出てくるのは、背中の脊椎に問題があるのです
この椎間板ヘルニアの症状が出ると、どうしても痺れの出てくる大腿部,臀部などの足の部分に問題があるのでは?と考えてしまいがちですが、足に異常はまったくないのです。そう、犯人は背中の脊椎にいるのです。

もしも、足の痺れ,臀部の痺れを自覚した際、まずは腰の上げ下げに痺れが連動しているかを確認してみてください。「痺れが酷くてとてもできない」という場合はまず椎間板ヘルニアと思って間違いないはずです。
一番ポピュラーな方法は仰向けになって足をそろえ、左右どちらかの足をゆっくり90度まで上げてみてください。痺れが酷くて上げられない人はヘルニアの可能性が高いです。
痺れではなく、「腰が抜けそうだ」といった症状の場合はぎっくり腰などの急性の炎症の可能性があります。

椎間板ヘルニア症状として
大体の方が激痛を伴う痛みを訴えることが多いです。
腰痛・痺れ・感覚障害・など色々な箇所・状況において見られます。

主には頸部〜足にかけての激痛です。具体的な症状を以下にいくつかあげてみます。

歩行困難
咳・クシャミをしたら腰に激痛が走る(痛みが響くような感じ)
お尻裏側〜太腿裏側にかけて痺れが走る
立ち上がるのが困難(クの字が精一杯)
前かがみの姿勢が辛い(椅子に座っていて背中を丸めると痺れが走る)
少し歩いただけで腰から下に放散痛(ジーンとした痛み)が起きる
以上の症状が椎間板ヘルニアの代表的な症状になります。


椎間板ヘルニアは椎間板のどこでも起こりうるものですが、多くの場合は四番と五番の腰椎上にて起こることが多いようです。
何故なら上体の重みや力などの圧力が脊椎と骨盤の連結部分である「第4・5腰椎」に集中してかかる為にどうしても他の椎骨に比べると過負荷になりやすく、疲労も蓄積されやすいからです。

椎間板ヘルニアの痺れに襲われたとき、若い世代である程「まさか」といった気持ちが強く、体を無理に動かして何度も何度も症状を確認する傾向があります。これは「最もしてはならない選択」のひとつです。症状の悪化を進めることにしかならず、日常生活への復帰が遠くなるだけですので痺れを自覚したらすぐに安静にするようにして下さい。

椎間板ヘルニアに対して最も必要なのは「受け入れる覚悟」です。
唐突の椎間板ヘルニアにどうして良いのかわからなくなってしまった場合、まずは「絶対安静」で横になりましょう。特に若年層の場合、自分の症状を確認する為に、また椎間板ヘルニアではないと自分で納得する材料欲しさに無理に腰を動かそうとして、余計に状況を悪化させるケースが多いです。

定期的な予防や治療が必要です。

腰の痛みが治まったといってもそれで「完治」と思ってはいけません。
腰痛が現代病と呼ばれている理由は「暮らしに根付いた」生活習慣病だからです。現代社会のライフスタイルは常に肩や腰に負担を強いるので、誰もがいつでもギックリ腰になる可能性を持っています。一度なってしまった人はなお更です。
そこで、「セルフメディケーション」とも言うべき自衛がとても大切となります。

現代社会の暮らしは余程気をつけておかないと姿勢は徐々に歪んでいきます。
それは何故か。「長時間特定の姿勢を強制されるから」です。
学校や職場では多くの方は机に座りっぱなしです。
これでは肩の筋肉は常に緊張し、腰の筋肉も常に緊張、更には足の筋肉は使われず衰えます。我々の生活とは実はそういったリスクを多々はらんでおり、実際、現代人の殆どは何かしら「歪み」を抱えているのです。
ですので、定期的に治療院に通い、骨格の状態を確認してもらい、また筋肉をしっかり使えるようにトレーニングをすることがとても大切になります。
これは腰に限らず、健康そのものに直結する問題ですので、とても重要です。

奥アマゾンの先住民たちが伝承するキャッツクロー

奥アマゾンの先住民たちは、痛みの原因や病名などもわからない時代からずっと、リウマチや関節痛の特効薬としてキャッツクローを利用していました。身体の関節が炎症を起こし痛むとき、キャッツクローの根や樹皮を煎じて飲めば、症状がしだいに消えていくことをインディオたちは経験的に知っていました。

キャッツクロースーパーDXは
「慢性痛や椎間板ヘルニアリそしてウマチの激しい痛みが緩和された」と言う朗報をもたらしてきている奥アマゾン原産の最高品質のキャッツクローです。

キャッツクロースーパーDXは天然植物の成長過程で合成された有効成分の作用より、炎症を抑え免疫機能を正常に戻維持するように働きかけます。
現在、リウマチ、変形関節症、関節炎や自己免疫疾患や抗リウマチ剤の副作用に悩んでいる多くの方々にご愛飲いただいております。
関節の痛みでお悩みの人は、副作用の心配がない安心のキャッツクロースーパーDXをぜひ試してみてください。



 特定商取引法に 基づく表記| |会社概要