捻挫(ねんざ)について


関節痛の症状
腱鞘炎・ばね指

肩関節周囲炎・五十肩
ヘバーデン結節

上腕骨内課炎
頚椎症

頚髄症
股関節痛

捻挫

軟骨石灰化症

変形性関節症

指関節痛

指先のシビレ手根管症

手首の関節痛

捻挫(ねんざ)

足の疲労骨折

外反母趾

痛風・高尿酸血症 

偏平足

足根管症候群

脊柱管狭窄症
肘関節痛 
椎間板ヘルニア
半月板損傷
 
捻挫(ねんざ)について


骨と骨を繋ぐ部位の損傷で、足をひねる事で起こります。
関節が不自然な外力により、
構造的な可動範囲を超えた動きをしたときに発生する外傷が捻挫や脱臼です。
そして関節の骨と骨の間にずれのないものを捻挫といい、多少なりともずれが生じたものを脱臼といいます。

足の捻挫は頻度が高い

足の捻挫は外傷の中でも極めて頻度が高くようで、
足関節は構造的にも、横方向では外側より内側に大きく動くため、痛める頻度も内側にひねって起こることが多いようです。

つま先が下を向いた状態で足首を内にひねる動作を内がえしといいますが、
その方向に過剰な力が加わって捻挫することが最も多く、その場合には足首の外側が伸ばされて外くるぶしの前方と足の距骨をつなぐ前距腓靭帯が過度に緊張してまず損傷します。

捻挫の重傷度は靭帯の損傷によります

捻挫の重傷度を判断するは、この靭帯の損傷の程度です。
靭帯は受けた外力の大きさや方向によって、伸びたり切れたりしますが、
軽い場合は、靭帯を構成する線維のほんの一部が切れたり伸びたりするものですが、重い場合は、複数の靭帯が完全に断裂する損傷があります。

しかし、重傷例は靭帯が断裂する際に必ず関節のずれを伴うので、厳密には捻挫とはいえず、靭帯損傷という具体的な外傷名がつけられます。
このことから、
捻挫とは断裂をしていない程度の靭帯損傷の外傷で、しかも骨折は伴わないものと言えるでしょう。

捻挫の症状については、外傷の関節の種類や靭帯損傷の程度によって異なり、
関節の痛みや腫脹、そして皮下出血の程度と、靭帯損傷の程度で捻挫の重傷度は判断されます。

靭帯が断裂した場合は、はれや皮下出血がひどい

はれや皮下出血がひどい場合には、靭帯が断裂しているおそれもあります。
断裂した靭帯が修復されないままで放置すると、関節にゆるみが残り、それが原因で続発症が出ることもあります。

捻挫の直後は腫脹や内出血を治めることが大切です。
その為には、
局所の安静、冷却、圧迫、患肢の高挙を基本的の行います。。
その後の治療は重傷度によって異なりますが、関節の動きを制御するようにします。

奥アマゾンの先住民たちが伝承するキャッツクロー

奥アマゾンの先住民たちは、痛みの原因や病名などもわからない時代からずっと、リウマチや関節痛の特効薬としてキャッツクローを利用していました。身体の関節が炎症を起こし痛むとき、キャッツクローの根や樹皮を煎じて飲めば、症状がしだいに消えていくことをインディオたちは経験的に知っていました。

キャッツクロースーパーDXは「慢性痛やリウマチの激しい痛みが緩和された」と言う朗報をもたらしてきている奥アマゾン原産の最高品質のキャッツクローです。

キャッツクロースーパーDXは天然植物の成長過程で合成された有効成分の作用より、炎症を抑え免疫機能を正常に戻維持するように働きかけます。
現在、リウマチ、変形関節症、関節炎や自己免疫疾患や抗リウマチ剤の副作用に悩んでいる多くの方々にご愛飲いただいております。
関節の痛みでお悩みの人は、副作用の心配がない安心のキャッツクロースーパーDXをぜひ試してみてください。




 特定商取引法に 基づく表記| |会社概要