男性更年期の不調とは


男性更年期の症状
 ほてり
 むくみ

 寒気

 関節痛

 筋肉痛

 倦怠感

 口臭

  残尿感

 自律神経

 情緒不安定

 食欲不振

 神経質

 前立腺

 息苦しさ

 息切れ

 動悸

 年齢

 排尿困難

 勃起不全

 症状チェック

 更年期治療

 更年期予防

 更年期予防の食事

 テストステロン
 ストレス

 イライラ 

 うつ病

 肩こり

 のぼせ 

 めまい 

 手足のしびれ 

 集中力の低下 

 性欲減退

 男性ホルモン 

 頭痛 

 発汗

 疲労感 

 不安感 

 不眠

 便秘 

 更年期障害

 生活習慣病

 更年期障害の改善

 更年期障害の診断

 

女性だけじゃない!
あなたの不調は男性更年期かもしれない

あまり知られていませんが、実は男性にも女性と同様に男性更年期があります。
個人差があり、全く感じない方や症状がでない方もいますが、男性更年期による障害は、おおむね
30代後半〜60代男性に発症しやすく、働き盛りで第一線で活躍する方も悩まされることがあります。

最近、なんだかやる気が出ない、イライラして落ち着かない、性欲が減退したように思える、憂鬱な気分が続くなどの症状に悩まされてはいないでしょうか。
あなたが中高年の男性なら、それは男性更年期の障害かもしれません。
男性には閉経のような分かりやすい身体の変化がないため、以前はその存在すらあまり知られていませんでした。
しかし、近年では男性更年期も認知されるようになり、医療機関を受診して男性更年期障害の治療を受ける方の数も増加傾向にあります。
男性更年期の症状とその関係図

男性更年期で体や心の不調を感じている人は以外と多い。

特に
過剰労働やストレスが多い現代社会において、近年、体や心の不調を訴える方が増えているのです。
男性更年期における主な
症状としては体力の低下や意欲の減退、精神的ストレスによるイライラ、性欲減退やEDなどの性機能低下がみられます。
そして、その症状の現れ方に大きな個人差があるのが特徴です。

男性更年期の障害と思われる症状としては、

●総合的に調子が悪い ●関節や筋肉の痛み ●ひどい発汗 
眠れない悩み ●疲れを感じる ●イライラする ●神経質になった●不安感 ●行動力の減退 ●筋力の低下 ●憂うつな気分 ●倦怠感めまい ●肩こり ●ヒゲの伸びが遅くなった ●のぼせ ●動悸
頭痛 ●集中力の低下 ●性欲減退 ●むくみ ●寒気 ●口臭
残尿感 ●情緒不安定 ●食欲不振 ●息苦しい ●排尿 ●勃起不全 前立腺 ●自律神経の変調 ●早朝起きの回数の減少 

などの症状がみられます。

以下に挙げる症状で2つ以上該当がある場合、男性更年期が疑われます。
疲れやすくなり、体力の衰えを感じていませんか。
運動能力が低下していませんか。
以前と比べやる気がなく、
集中力が続かないのもよく見られる症状です。
イライラすることが多くなり、突然キレてしまうことがある場合も男性更年期障害が疑われます。
性格が暗くなり、笑わなくなったと家族などに言われた方も男性更年期にたいする要注意です。
不眠に悩んで寝付けない上、朝の目覚めが悪くなっていませんか。
若い頃と比べて身長が低くなっている方も男性更年期への要注意です。
また、酒の勢いでストレスを解消しようとする行動に出たり、高血圧・糖尿病・花粉症をお持ちの方が治療しても効果が出にくいケースも注意が必要です。

性欲の低下を感じパートーなーとのセックスがスムーズにいかず、中折れや早漏、勃起不全の傾向がみられたり、勃起するまでや写生するまでに時間がかかる場合も男性更年期の障害の疑いがあります。

男性更年期は、男性ホルモンであるテストステロンの分泌が低下。

男性更年期の原因は女性と同じで、加齢による男性ホルモン(テストステロン)の減少にあります。

身長が低くなるという症状が出るのは、男性ホルモンはカルシウムの代謝などともかかわるため、カルシウムの吸収不足や骨密度の低下する影響です。

男性ホルモンにはテストステロン、デヒドロエピアンドロステロン、ジヒドロテストステロンという3つの種類がありますが、中でも
精巣の間細胞から分泌されるテストステロンは、男性らしさを維持する最も強力なホルモンです。

男性更年期に関係するテストステロンの量は個人差があります。

多い人と少ない人では3倍近くの差があます。
この差が性格や能力に影響を与えます。
テストステロンは一生の中で量が変化し、体調や精神に影響を与えます。
男性も女性もはじめは「女性脳」ですが、母体内にいる4〜6ヶ月の胎児期にテストステロンのシャワーを浴びることで「男性脳」へと変わりますが、この時のテストステロン量が多いとより男性的な性格を形成します。

幼児期に浴びたテストステロンの量が多いかは、右手の薬指をみれば判断でき、薬指が人差し指より長ければ長いほど多く浴びています。

通常男性は、通常30代から、主には40〜50代にかけて精巣が萎縮してテストステロンの分泌が低下し量が減少してくるととともに、男性更年期特有の倦怠感・めまい・イライラ・睡眠障害・物忘れ・精神不安・勃起不全(ED)・筋肉量の低下・体毛の変化(ヒゲが薄くなる等)もでてきます。

このような、男性更年期の症状の特徴としては、ほてりや冷え以外に、精神的にはうつ症状や不眠、体力的には筋力の衰えや体のだるさ、性的には性欲がなくなる、などの障害が現れることです。
神経質でまじめ、責任感や競争心が強く、几帳面な人などがストレスを受けることが要因で、男性更年期障害を発症しやすいと言われています。

通常、男性更年期の検査では、遊離型テストステロンが8.5pg/ml未満なら男性ホルモンが低いと判断し、8.5pg/ml以上から11.8pg/ml未満の男性を男性ホルモンが低下傾向にあると判断されるようです。

男性更年期の症状は、テストステロンの分泌を増やすことで、改善できます。

東南アジアの熱帯雨林に自生する薬用植物トンカットアリ!

マレーシアでは、精力や更年期そしてインポなどの言葉さえない大昔から、オランアスリ(原住民)によって伝統的に男性のバイタリティーと欲求の増進のために、トンカットアリの根を煎じて飲んでいました。

最近の研究でトンカットアリは、ライディッヒ細胞の機能を回復させて、テストステロンの分泌を再び活発にすることが確認されました。

「精力がもどった・男性更年期障害が緩和した・活動的になった」と言う朗報をもたらしてきているトンカットアリDXはマレーシアで苗木を育て、密林に植林し管理し10年以上育てたものだけを採用した品質の高いトンカットアリの根部分を日本の最新加工技術で微粉末し植物由来のカプセルに詰めた最高品質のサプリメントです。
天然成分のみ、副作用の心配が無い安心の精神面と肉体面の両方で効果があるサプリメントです。
ぜひ、お試しくださいませ。
   


 特定商取引法に 基づく表記| |会社概要